イヴァン・ナヴァロ | ザ・ペニンシュラホテルズ

アーティストイヴァン・ナヴァロ’の作品「ホーム」は、目の錯覚の上で繰り広げられ、見る人の感覚と心理的体験の両方を刺激するものです。ナヴァロは光と知覚の両方を使い、ペニンシュラのサイトの限定作品で‘ホーム’という言葉を、相互に反響しながら繰り返されるシンボルへと変身させます。各々の文字は連続しながら、垂直に下へ向かう– 連鎖されたユニークなパターンを生み出し、見る人を、あたかも反響とエコーが永遠に続くかと思わせる場所へと誘います。ナヴァロはこの作品を通して、ゲストたちにアイデンティティ、場の創出、そして帰属というテーマについて考えることを求めております。

 

こちらをクリックし、ザ・ペニンシュラパリにあるこのアートおよび、その他の委託作品をご覧くたさい。

 

「アート・イン・レゾナンス」プログラムについての詳細 

アーティスト紹介
イヴァン・ナヴァロ

イヴァン・ナヴァロは芸術家の家庭に生まれました。ナヴァロの作品は、ネオン、蛍光灯、白熱灯を使った立体作品で最もよく知られており、見る人の知覚的、心理的体験の両方を刺激します。ナヴァロは1997年にニューヨークに移住し、その頃からモダニズムとコントロール手法の間の結びつきを追求するために、積極的にミニマリズムの原則を採り入れるようになりました。ナヴァロの作品は、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館、ワシントンDCのハーシュホーン美術館と彫刻庭園、ニューヨークのソロモン R. グッゲンハイム美術館はじめ、世界中の数多くの名だたる美術館やギャラリーにおける単独またはグループ展覧会で紹介されてきました。2009年には、チリを代表して第53回ヴェネツィア・ビエンナーレに出展しました。

アーティストの意図を理解することは重要ですが、見る人が作品を自由に解釈し、自分なりの感想を持てるようにすることも必要だと思います。最終的にアートとは、一般の人々が感じる言葉として作られたものに他なりません。