アート・イン・レゾナンス | ザ・ペニンシュラホテルズ

「アートは、私たちにとって本当の意味での世界共通言語です。そこには、国も人種も、階級も関係ありません。それは日常生活を超越し、私たちに何が可能かを想像させてくれるものです」 – リチャード・カムラー

 

 

ザ・ペニンシュラホテルズは創業以来、各ホテルが、その都市特有の豊かで活気に満ちた地域文化を積極的に取り入れ、発信することに尽力してきました。

グループのイノベーション精神を引き継ぐ取り組みとして、ザ・ペニンシュラホテルズは、キュレーターのベッティナ・プレンティスおよびイゾルデ・ブリエルマイヤーをパートナーとして迎え、優秀なコンテンポラリーアーティストを選出し、彼らに芸術領域の限界をポエジーをもって押し広げ、お客様を魅了し感動を与える新しい作品作りの委託を行っています。「アート・イン・レゾナンス」と題されたこのプログラムでは、会場を提供するだけではなく、文化の発信者、そして革新者として、さらに芸術的領域に関わっていこうとする当ホテルの姿勢が反映されています。

 
2019年3月に、旗艦ホテルであるザ・ペニンシュラ香港でスタートした「アート・イン・レゾナンス」。2019年9月には、ザ・ペニンシュラパリへと移動し、既存の展示作品に加え、現地アーティストによる新しい作品がお披露目される予定です。プログラムは今後も、展示の場をザ・ペニンシュラホテルズの10ホテル、および現在建設中のロンドン、イスタンブール、ヤンゴンへと移動しながら、春と秋のサイクルで毎年開催される予定です。

 

このプログラムに関する詳細はこちらをクリックしてください

 

#ArtinResonance #PenMoments