一風堂とザ・ペニンシュラ東京、至高の一杯をルームサービスで

09/09/2019

Tags

株式会社力の源ホールディングス(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:河原 成美)傘下の株式会社力の源カンパニーが運営する「一風堂」と、ザ・ペニンシュラ東京(所在地:東京都千代田区、総支配人:ソーニャ ボドゥセック)は、2019年夏よりザ・ペニンシュラ東京のルームサービスにて、「ザ・ペニンシュラ東京 “マイラーメン” by 一風堂」の提供を開始いたしました。両社にとって、それぞれホテル、またはラーメンとのコラボレーションは今回がはじめての試みとなります。

 

2007年の開業以来、ザ・ペニンシュラ東京のコンシェルジュには、ご滞在のお客様より「とんこつラーメンを楽しめるお店が知りたい」、「IPPUDOに行ってみたい」という声が多く寄せられたことから、日本のソウルフードとして愛されるラーメンをザ・ペニンシュラ東京でも特別な体験して楽しんでいただきたいと、2018年秋より共同にて企画・商品開発を開始いたしました。

「一風堂」自慢のシルキーなとんこつスープと博多細麺に、ザ・ペニンシュラ東京の中国料理レストラン「ヘイフンテラス」特製のBBQポークやXO醤和えのザーサイなどの12種類のオリジナルトッピングを自由に組み合わせてお楽しみいただく“マイラーメン”スタイルでご提供いたします。

本ラーメンは、麺をキッチンで茹で、ポットに入れたスープとトッピングの木箱とともに客室にお届け、スタッフが客室内のお客様の目の前で、丼に入った麺の上に熱々のスープを注ぎ、最後にねぎを添えます。宝石箱を思わせる木箱には、とんこつラーメンには定番の明太子や高菜、紅しょうが、きくらげ、海苔などに加え、煮玉子、揚げニンニク、ねぎの豆板醤和え、玉ねぎ、ごま、七味唐辛子、そして「ヘイフンテラス」特製BBQポークとザ・ペニンシュラ香港発祥のXO醤で和えたザーサイなどの全12種類のトッピングが色とりどりに並びます。