マーケティング 本部長着任のお知らせ

28/08/2019

ザ・ペニンシュラ東京(所在地:東京都千代田区、総支配人:ソーニャ・ボドゥセック)では、2019年7月15日付でマーケティング本部長に、スタンリー・タン(Stanley Tan)が着任いたしました。ザ・ペニンシュラ東京の営業やイベントマネジメント、レベニュー、予約を始め、広報、デジタル、ブランドなどのマーケティング全般を統括いたします。

 

ホスピタリティ業界のシニアマネジメントとして、20年以上の経験を有するシンガポール国籍のタンは、シンガポール国立大学を卒業後、営業からキャリアを始め、レベニューやマーケティング分野にも長けています。名古屋や大阪、東京、京都など、日本在住歴は15年以上で流暢な日本語のほか、英語と中国語を話します。2008年には、シャングリ・ラ ホテル 東京、12年にはトルコの同ホテルの開業を経験した後に東京に戻り、セールス&マーケティング部長を3年間務めました。直近では、ザ・リッツカールトン京都のセールス&マーケティング部長として活躍をしました。 ザ・ペニンシュラホテルズには、約20年前の香港以来、2回目の入社となります。

 

タンのホテル業界での豊富な知識と経験は、開業から13年目を迎えるザ・ペニンシュラ東京を、次のステージへと引き上げることが期待されています。