デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Sónar

2017年3月27日

バルセロナの伝説的エレクトロニックミュージックフェスティバル「Sónar」を体験したことがある人なら誰でも、この最高の舞台がダンスファンにももってこいだって言うはず。元々は、カタルーニャで親しまれてきたストリートミュージックの楽しみ方。インドアやアウトドアで、ノリノリのDJがビートのきいたご機嫌な音楽を聴かせたのが始まりです。1994年に創設された「Sónar」は、世界でもっとも評判の高いエレクトロニックミュージックとアートのフェスティバルと考えられています。その爆音もさることながら、この舞台でパフォーマンスできる栄光、そして世界中から駆けつけるファンや音楽関係者たちに、最新のミュージックシーンやデジタルカルチャー、ビジュアルアートへの期待が否応なく高まります。

 

今回、このバルセロナ最高のミュージックシーンが、ここ、香港にやって来ます。4月1日(土)(11:00-27:00)に、香港サイエンスパーク内の6つのステージを占領して、世界最高峰のDJパフォーマンスやクリエイティブなテクノロジープログラムが香港の夜を熱く彩ります。香港でのファーストエディションを飾るのは、実力派のアーティストと新進気鋭のミュージシャンたち。さらに、ライブやDJによるギグ、ダンスの強者、見たこともないようなエレクトロニックスミュージックも含まれます。

 

屋内会場は巨大な「SonarClub」、刺激的な「SonarLab」、全着席型「SonarComplex」(エッグオーディトリアム内)、重低音が響く「SonarPub」、そしてメイン会場の「SonarVillage」。さらに、港の近くに野外ステージに「SonarDôme」が設置されます。イギリス出身の‘Baron of Techno(テクノの男爵)’ デイブ・クラーク(Dave Clarke)、アメリカ出身のニューウェーブ、DJシャドウ(DJ Shadow)、ドイツ出身の激烈DJ/ミュージシャン、エレン・エイリアン(Ellen Allien)、そして今注目の英国人プロデューサー、エビアン・キリスト(Evian Christ)がラインナップ。イギリスの大御所DJジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson)、ジャンルを超えた天才ミュージシャン、クラーク(Clark)、ラップMC レディー・レシュール(Lady Leshurr)など、音楽ファン垂涎のアーティストが目白押し。

 

テックギークにはSónar+Dのワークショップ、トークショー、展示、ニューメディア、バーチャルリアリティ体験など、ここでしか味わえないアトラクションが勢揃い。ミュージシャンにとって次のダンスフロアクラシックで披露したくなるようなインスピレーション溢れる情報を多数集めました。

2017年4月1日、2日。

Sónar / Hong Kong Science Park / Shatin / New Territories / sonarhongkong.com

このページの先頭へ