デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

Osha(オシャ)

2015年1月26日
アメリカ帰りのタイ料理店

サンフランシスコのタイ料理レストランOshaは20年以上の歴史を誇り、現在ではサンフランシスコ市内に7店舗を構えるまでに成長しています。 そのような成功を収めたWassana Korkhieola氏とLalita Souksamlane氏は意気揚々と故郷のタイに凱旋、バンコクに新しいゴージャスなレストランをオープンしました。 このもっとも新しい支店がタイ料理の本場で勝負をするにあたっては数々の斬新なアイディアを採りいれています。また、肝心な料理に関しては料理の鉄人Thaninthorn Chantrawan氏の力を借りて、普通のタイ料理とはひと味違う個性的な料理を提供しています。

Osha(オシャ)の店内に一歩足を踏み入れると、そこは銀メッキが施された高い天井と煌びやかな宮殿のような空間が広がり(サンフランシスコの店舗がさわやかな白を基調にしているのとはまったく対照的)、これからテーブルに出てくる料理への期待が否応なく高まります。 ところが、メニューに並ぶ料理の名前はどれも至って平凡。ですが、決してその名前のシンプルさに惑わされることのないようにしてください。 「イカと塩漬け卵」はカラマリに鴨の塩漬け卵の卵黄のアイオリで演出されており、「フォアグラ」は炙ってトリュフソルトで味付けしタマリンドソースを添えたごちそうです。 カクテルリストも充実しており、定番カクテルはもちろんのこと、ローズマリーとレモングラスの香りが漂う「ハヌマンジンフィズ」のような珍しいカクテルも楽しめます。 おかえりなさい、Osha!
99 Wireless Rd / Lumpini / Pathumwan / +66 2 256 6555 / 毎日 ランチ&ディナー / oshabangkok.com
このページの先頭へ