デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
戻る

食品サンプル体験教室

2015年6月17日
プラスチックとロウで作る本物そっくりな食品サンプル

プラスチックとロウで作る日本独自の食品サンプルは、世界中の旅行者を魅了しています。 日本人にとって、レストランやカフェの店頭に並ぶ食品サンプルは、店内に入る前に食べたいものを決められるという実用的なメリットがある小物に過ぎません。しかし見方を少し変えると、カラフルで本物そっくりな食品サンプルは、おみやげとして持ち帰りたいポップアート作品のように見えるようです。 

嬉しいことに、食品サンプル作り見学では自分でサンプル作りを体験し、持ち帰ったり、ギフトにしたりすることができるようになりました。 ザ・ペニンシュラアカデミーの楽しい食品サンプル作りワークショップにご参加のみなさまを、MINIクーパーで大和サンプル製作所までお送りいたします。家族経営のこの製作所は60年の歴史があり、ロウとプラスチックで作った本物そっくりの食品サンプルを飲食業界に提供しています。 
6歳以上の参加者のみなさまは、3種類の食品サンプル作りに挑戦できます。定番サンプルのラーメン、天ぷら、カレーライス、ピザの中から1点とリアルサイズパフェ、その他、サンデーまたはミニタルトのどちらか1点のミニチュアの計3種となります。 和気藹々とした雰囲気の中で、製作所のオーナー一家から熟練した職人技の手ほどきを受けながら、年齢を問わず楽しい時間をお過ごしいただけます。日本で80年前に誕生した食品サンプル業界を垣間見るよい機会です。
このページの先頭へ