会社案内

会社概要

ザ・ペニンシュラホテルズは、世界のトップレベルのホテルのなかでもユニークなホテルグループです。 1928年に開業、世界10都市でラグジュアリーホテルを運営しています。 旗艦ホテルであるザ・ペニンシュラ香港をはじめ、上海、北京、東京、ニューヨーク、シカゴ、ビバリーヒルズ、パリ、バンコク、マニラ、そしてロンドン(建設中)に展開。 「ペニンシュラ」は生きた伝説とも言われ、その名は贅沢な寛ぎと究極のサービスの代名詞となっています。 私たちは前向きで高い水準を目指し、つねにお客様に満足していただくことを念頭に務めております。多くのザ・ペニンシュラホテルズでは、ご家族3代目のお客様にもご利用いただいております。

  • 「トラベル+レジャー/ Travel+Leisure」(2013年 米国)
    2014年ワールド・ベスト・アワード

    トップ・ホテルブランド

  • 「コンデナストトラベラー / Condé Nast Traveler」(2013年 米国)

    2013年ビジネス・トラベル・アワード 
    ビジネス・トラベル部門ベスト・ホテル・ブランド

  • 「HOTELS / HOTELS Magazine」(2013年 米国)

    2013年コーポレート・ホテリエ・オブ・ザ・ワールド
    ピーター・C・ボーラー(Peter Camille Borer)

 

選択する:

ザ・ペニンシュラバンコク

ホテル概要

ザ・ペニンシュラバンコクはチャオプラヤ河畔という抜群の立地を誇ることから、川に育まれてきた歴史や文化に触れていただける場となっています。 独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます。また、このモダンな外観はバンコクのランドマークの一つにもなっています。 東洋と西洋、伝統とモダンがおりなす独自のおもてなしは、数多ある五ッ星ホテルの中でもひときわ異国情緒の感じられるユニークなものとなっています。

キャリア

アジアにおける最高級ホテルの一つ、ザ・ペニンシュラバンコクは、時代を経ても変わらぬ優雅さを備え、洗練されたサービスと現代的なテクノロジーがもたらす快適性を提供しております。 おもてなしの心と高いプロ意識を持ち、情熱を持って仕事に取り組んでいただける方をペニンシュラファミリーとしてお迎えします。 世界に名だたるラグジュアリーホテルでプロフェッショナルとしての経験を積み、ホテルおよびホスピタリティ業界でのキャリア形成を目指す方をお待ちしております。

人材開発部では、ペニンシュラファミリーとして“すばらしい”を超え“卓越した”サービススキルを身につけていただくために研修プログラムを用意しています。 また、当ホテルは“2007年から2011年まで連続してアウトスタンディング・エンプロイヤー・アワードを受賞しています。 “レイバーリレイション・アンド・ウエルフェアアワード”受賞に際し、良好な労使関係を築き、働きやすい環境と魅力ある福利厚生提供への努力が認められたと誇りに思っております。

受賞歴

チャオプラヤ河畔という抜群の立地で、世界レベルのサービスと、卓越した施設を備えたザ・ペニンシュラバンコクはホスピタリティ業界を中心に高く評価されており、「Condé Nast Traveler / コンデナストトラベラー」’の2013 Gold Listに選出されるなど様々な受賞に輝いております。

ホテルエグゼクティブ

日々変わりゆくバンコクで常に皆様に愛されるためには、五ッ星ホテルというだけではなく、サービスの向上と魅力を感じていただくための努力が欠かせません。 数多くのホテルがあるバンコクにおいて、ザ・ペニンシュラバンコクをお選びいただいたお客様に思い出に残るひととときをご提供し、ご満足いただけるように努力を重ねております。 従業員が一体となり、個々がもつ情熱、プロ精神とおもてなしの心が一つとなった結果、現在のザ・ペニンシュラバンコクがあるのです。           

  • カーチャ・ヘンケ (Ms Katja Henke)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    総支配人

    2011年5月にザ・ペニンシュラ上海のホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラホテルズ入社。 ドイツ出身で、スイスのベルナーホフ・グスタッドで2年間実習を行い、スイスの観光専門学校、シュバイツェリシュ・ホテルファシューレ・ルツェルンで学ぶ。 その後フランス、イギリスのホテルで勤務の後、アメリカ・マサチューセッツ州レノックスにあるルレシャトーグループのブランタイアーで総支配人に就任。 香港上海ホテルズ社(HSH)入社以前は、フォーシーズンズ・ワシントンDCのホテルマネージャー、その後カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリーウィルシャーのホテルマネージャーを務めました。

  • マーク・チューン (Mr Mark J Choon)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    ホテルマネージャー

    2001年、開業準備期間であったザ・ペニンシュラシカゴにナイトマネージャーとして入社。フロントオフィスや客室部門で数回にわたる昇格を経て、2008年にレジデントマネージャーに就任。 韓国系アメリカ人で、ウィスコンシン大学マディソン校卒業。またコーネル大学のエッセンシャルズ・オブ・ホスピタリティマネジメントを修了。

  • シェーン・ジョリー(Mr. Shane Jolly)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    ディレクター・オブ・ルーム
    ザ・ペニンシュラバンコクは、同ホテルのディレクター・オブ・ルームにオーストラリア出身のシェーン・ジョリー(Shane Jolly)が就任したことを発表いたします。

    シェーン・ジョリーが持つ学歴、ホスピタリティ業界での経験、ホテルの顧客管理を支援するITソフトウェアやシステムの専門知識のどれもが、ラグジュラリーホテルを運営する私たちが必要としているものでした。

    15年以上にもおよぶホスピタリティ業界でのキャリアを持つジョリーは、宿泊部門のエキスパートとして、オーストラリアと中国の格式高いホテルで勤務した経験を持ちます。 オーストラリアと中国の格式高いホテルで勤務した豊富な経験を持っています。

    また、南オーストラリア大学で経営管理学を学び、建築学の学位も取得しているジョリーは、テクノロジーにも明るく、旅行・ホスピタリティ業界で使われているLotus Notes、OPERA V4.0、iScala、 Reserve、Delphi、IDEASなどのシステムの使い方にも精通しています。

    南オーストラリア大学で経営管理学を学び、建築学の学位も取得しています。

    “世界のベストホテルのひとつに数えられるザ・ペニンシュラバンコクの一員になれたことは非常に光栄です。 魅力溢れるタイのホスピタリティ業界で働くことは私の長年の夢でした。 この「微笑みの国」ではお客様へのあたたかいおもてなしがごく自然に行われていることに感銘を受けています。 そして、スタッフのスキルの高さとテクノロジーの活用がすばらしいサービスを可能にしていることもまた事実です。”

    世界的に評価の高いザ・ペニンシュラバンコクのディレクター・オブ・ルームとして、ジョリーは世界中からいらっしゃるお客様に引き続き極上の滞在をお届けするにとどまらず、よりいっそう優れた顧客体験を提供し、ペニンシュラの名声をアジアおよび世界に広く轟かせてくれるでしょう。’’’


  • チュティマポーン・カセムスク (Ms Chutimaporn Kasemsuk)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    ディレクター・オブ・パブリックリレーションズ

    2013年3月にザ・ペニンシュラバンコクのディレクター・オブ・パブリックリレーションズに就任。  ザ・ペニンシュラバンコク入社以前は ウェーバー・シャンドウィック、マッキャンワールドグループ、ジェイ・ウォルター・トンプソンなど世界的に有名なブランディング戦略会社でコンサルタントを務めた。 その後、アコー・ホスピタリティにグループ・ディレクター・オブ・マーケティング・アンド・コミュニケーションとして入社し、タイ国内のメルキュールとイビスホテルを担当、また、デュシット・インターナショナルでは、コーポレートディレクター・オブ・コミュニケーションとしてアジア太平洋地域と中東のホテルおよびリゾートを担当した。 タイ出身で、イギリス・リーズ大学のインターナショナルコミュニケーションにおいて文学修士(最優秀クラス)を修了。

  • アンドレアス・ハウグ(Andreas Haugg)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    総料理長
    トレードマークの笑顔とチームスピリットに溢れるアンドレアス・ハウグがザ・ペニンシュラバンコクの総料理長に着任して以来、その知識と幅広い経験により、メニューの作成から衛生管理、リソースの調達、トレーニングまで、ケータリングのレベルが一段と洗練されました。 アンドレアスは、ザ・ペニンシュラバンコクに着任する直前まで、エジプト・カイロにある国際的な有名ホテルチェーンで同様のポジションに就いており、 異国情緒にあふれる土地への興味が高じて、モーリシャスやモルジブのホテルに勤務していたこともあります。 それ以外にも、ドイツ、英国、アメリカのホテルで世界に通用するシェフとしての腕に磨きをかけました。

    アンドレアスは高校卒業後すぐにケータリングの世界に入りました。 ドイツのヴィースバーデンにある有名なホテル・マネジメントの専門学校で技能を学び、卒業後はヴィースバーデンの有名レストラン「Gambrinus(ガンブリヌス)」で見習いを始めました。

    この間ドイツで1年間の兵役に就いた後、本格的にオート・キュイジーヌの世界に足を踏みいれたアンドレアスは、次第にプロとしての実力を身につけ現在のような料理界で圧倒的な存在感を放つシェフとしての地位を固めてきました。 すでにシェフとして申し分のない経歴を持っているにもかかわらず、謙虚で向上心が強いアンドレアスは、バイエルン州のAltöetingen Hotel Management Schoolで学位取得を目指し、栄誉ある調理学の修士号を取得しています。
  • オリビエ・パリス(Mr. Olivier Paris)
    ザ・ペニンシュラバンコク
    エグゼクティブ・ペストリーシェフ
    芸術的なフランスの菓子、ケーキ、デザート作りを正式に学び、パリにある複数のミシュラン星付きレストランで一流料理人たちに師事したオリビエ・パリス(Olivier Paris)。世界に通用する人材を集めて、違いのわかるお客様に最高に充実した5つ星の美食を体験していただくという、ザ・ペニンシュラバンコクに連綿と受け継がれている伝統を、このパリスが継いでいます。

    フランス国籍のシェフ、パリスがザ・ペニンシュラバンコクに着任したのは2013年10月のことでした。 以来、5人のペストリーシェフと14人のスタッフからなるチームを切り盛りし、受賞歴を誇る「–ザ・ロビー」、「リバーカフェ&テラス」、「ザ・プール」、「ザ・ペニンシュラ ブティック」の4店と、ゲスト数最大700人におよぶ宴会を統括しています。

    前職は、バンコクトップクラスの国際的ブランドホテルにおける南アジア担当エグゼクティブ・ペストリーシェフでした。タイに3軒、ベトナムに2軒、インドネシアとインドに1軒ずつホテルを擁する同ホテルには、2012年1月に入社しました。

    それ以前は、ショッピングエリア、Beirut Souks(ベイラット・スークス)のミシュラン3つ星レストラン、STAY and Sweet Tea(ステイ・アンド・スイート・ティー)に勤務。エグゼクティブペストリーシェフを6か月間務めた同店では、著名なヤニック・アレノ(Yannick Alleno)氏と共に働きました。

    2009年6月から2011年6月までは、パリのシャンゼリゼ通りにあるミシュラン1つ星レストラン、Le Laurent(ル・ローラン)にて、エグゼクティブペストリーシェフとして、アラカルトメニューのデザートプレートを担当。 Salon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)のためのレシピは、『Express-Paris Match(エキスプレス・パリ・マッチ)』誌と、2009年に発売され好評を博した「Laurent(ローラン)」レシピブックに掲載されました。

    それ以前は、パリのミシュラン2つ星レストランGuy Martin(ギー・マルタン)でコンサルティングを担当し、Sensing(センシン)、Grand Véfour(グラン・ヴェフール)、Baccarat Crystal Room(バカラ・クリスタル・ルーム)、Atelier Guy Martin(アトリエ・ギー・マルタン)などの有名店に貢献していました。 今でもパリスの習慣ですが、当時も常に新作を創り出し、出版に向けてレシピを手直しし、撮影していました。
    また、パリの2つ星レストランGrand Véfour(グラン・ヴェフール)、1つ星レストランThe Copenhagen(ザ・コペンハーゲン)にも勤務した経験があります。 独創的な料理を提供するパリのCHAI 33(チャイ33)は言うに及ばず、Hotel du Louvre(ホテル・デュ・ルーブル)、La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)、ミシュラン3つ星レストランGeorge V(ジョルジュ・サンク)、Laduree(ラデュレ)では、アイスクリームを専門としていました。これらもすべて、パリ市内の店です。

    グラン・タウリン(Gerard Taurin)氏の元で氷の彫刻、ステファン・クライン(Stéphane Klein)氏の元でシュガーアート、フィリップ・アンドリュー(Philippe Andrieux)氏の元でマカロン作りを修行したほか、セバスチャン・ブイエ(Sébastien Bouillet)氏の下では、ペロー(Perot)氏(国家最優秀職人賞受賞者)に師事。

    ザ・ペニンシュラバンコクでは、パリスシェフの手がける菓子、パティスリー、デザートが大変好評です。 華麗な見た目、夢のような香しさ、麗しの味わい、そのどれもがまさにペニンシュラ精神を体現したラグジュアリーそのものです。
このページの先頭へ