デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

本物のペンギンを間近に

2014年2月6日
ペンギンのいるBAR

東京は二面性のある街です。伝統から長い歴史が垣間見え、社会的風習が深く根付いている一方で、習慣や伝統にとらわれることなく他にはないアイデアを実現させてしまいます。そのような街では、伝統的な茶道を体験できたり、静寂に包まれた神社が存在する一方で、一風変わった「ペンギンのいるBAR」のような場所もあります。こちらは池袋にあるバーです。他の都市なら、水中をテーマにスクリーンで映画の『ハッピーフィート/Happy Feet』を放映しているようなバーかもしれませんが、東京では看板に偽りなく “ギャラリー”の中で生活している本物のペンギンを鑑賞しながら、お食事やドリンク類を楽しむことができます。

東京では同じようなコンセプトを持つバーは他にもありますが、こちらはこだわりのお料理やドリンク類をいただけるのが特徴です。焼酎や日本酒に梅酒、山崎や響のようなウイスキーなど日本のお酒が充実し、ジンリッキーやモスコミュールなどのクラシックカクテルも用意されていますが、このバーらしいオリジナルのフローズンカクテルを試してみてはいかがでしょう。アフリカペンギンは4羽いて、よちよち歩いたり泳ぐ様子を見ることができ、決められた時間には餌付けも可能です。今や人気のデートスポットという事で、改めて東京の奥深さを感じます。
 
東京都豊島区池袋2-38-2 COSMY1 1階 / 03 (5927)1310  / penginbar.jp

 

このページの先頭へ