デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

温故知新の館

2015年7月20日
PASS THE BATON
サントリーのウイスキー白州、滋賀県名物の鮒寿司、そしてジョージ・クルーニー。世の中には、時とともにひたすら熟成を重ねていくものがあります。 そうした逸品がいつでもあるとは限りませんが、アンティークや家具からファッション、アートまで揃った東京のPASS THE BATONでは、琴線に触れる上質なビンテージものが何かきっと見つかります。

三菱商事に勤めていた遠山正道氏が設立し、ワンダーウォールの片山正通氏がデザインした同店は、自らを「現代のセレクトリサイクルショップ」と位置づけています。 その狙いは、価値あるものを手から手へ受け渡す大切な交換の場を設けること、いわばバトンの受け渡しなのです。

気の利いたキャッチコピーのように聞こえるかもしれませんが、もちろんそうではありません。 かつての愛用品それぞれに、元の持ち主の写真とあわせて、大事にされてきた理由のわかるストーリーが手書きで添えられています。 そして、購入した人は簡単な返信を自由に書くことができ、それによって双方向のつながりが生まれるのです。

その上、同店の良品は、どこかの古い屋根裏で埃をかぶったまま忘れられていただけの品物ではありません。 その多くは、シンガーの野宮真貴氏などの著名な人々がかつて使っていたものであり、中でもA BATHING APE創立者のNIGO氏は頻繁に寄付することから、同氏のコーナーが店内に特別に設けられているほどです。

また遠山氏は、さまざまな日本企業の販売中止品やB級品をアップサイクルしているほか、2011年の東日本大震災で休業を余儀なくされたHARIOのガラス工場に残る「使えない」ガラスのかけらも、美しいアクセサリーにリメイクしました。 使い古された品物に新たな息吹を吹き込む同店へどうぞお出かけください。

東京都渋谷区神宮前4-12-10 / 表参道ヒルズ西館 / 03 6447 0707 / 月-土 11:00-21:00、日曜日 11:00-20:00 / pass-the-baton.com
このページの先頭へ