デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

幻想の世界

2014年12月1日
ミシェル・ゴンドリーの世界一周
2006年の奇妙で素敵な映画『恋愛睡眠のすすめ』を見て、この映画が表現する魅惑的なイマジネーションの世界に住むことを夢見た方は、等身大の馬のぬいぐるみかタクシーに乗って、東京都現代美術館に駆けつけてください。現在、東京都現代美術館にて、オスカー受賞監督独特の演出を探る世界巡回体験型展示『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』が開催されています。

同展で取り上げられているのは、初期にゴンドリーがビョークのために制作したミュージックビデオや傑作『エターナル・サンシャイン』から、最新作『ムード・インディゴ うたかたの日々』まで、このフランス人映画監督の15年間のキャリアを代表する映画作品19本です。すべてゴンドリーが直々に選んだもので、映画のオリジナルの絵コンテと遊び心あふれる映画用小道具が合わせて展示されています。 映像制作の技量に魅力を感じている方は、「ホームムービー・ファクトリー」へ向かいましょう。少人数グループで、風変わりな衣装、カフェや森、オフィスなど12の映画セットを使って、ゴンドリー風のオリジナル映画を撮影できます。もちろん、数人のプロカメラマンがこま撮りや長回しをしっかりサポートしてくれます。 作品が完成すると、過去の参加者の作品とともに会場にある実物大ビデオショップに陳列され、見学者は誰でも鑑賞できるようになります。 さあ、展示会へ行って、ゴンドリーになってみませんか。

会期は2015年1月4日までです。

東京都現代美術館 / 東京都江東区三好4-1-1 / +81 3 5245 4111 / 火-土 10:00-18:00 / mot-art-museum.jp
このページの先頭へ