デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

虎ノ門ヒルズ

2014年8月4日
東京にそびえる虎ノ門タワー
東京の煌めく街並に、都内でも一、二の高さを争う高層ビルが登場しました。247 m(屋上のアンテナをいれれば255.5 m)もの高さを誇るニューフェイス、–虎ノ門ヒルズ–です。 省エネ照明、ヒルズの地下を走る環状2号線、緑あふれる開放的なスペースを取り入れた環境に配慮したデザインなど、設計を担当した日本設計のすばらしい仕事ぶりに惜しみない拍手を送りたいところです。 しかし、デザインに凝っているのは外観だけではありません。建物の中に一歩足を踏み入れれば、館内のあちらこちらにアートワークが展示され、最先端の技術を結集した建物にふさわしい洗練されたレストランや店舗が所狭しと並んでいます。

車寄せロビーには、内海聖史氏作の「あたらしい水」と題された、日本の四季を感じさせる抽象画が展示されています。5分割されるほどの巨大な作品であることに驚かされます。また、ジャン・ワン(Zhan Wang)氏による床に砕け散った岩を小宇宙に見立てたアート作品、サン・クワク(Sun Kwak)によるガラス壁面アート作品も見逃せません。 女性のみなさんは、レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ(Les Mille Feuilles de Liberté)の美しいブーケ、アルガンオイルをベースにしたスーラNYC(Sula NYC)のスキンケアプロダクツを手に入れて、トレス・ヘアー・アンド・ビューティでファッションショーに出られるようなアップスタイルにまとめてもらい、女性らしさに磨きをかけましょう。 そして心地よい疲れを感じてきたら、熟成肉専門の但馬屋(50日間熟成させたTボーンステーキ)、うどんとおでん(池袋にある創作うどんで有名な店舗の支店)、またはザ・サードカフェ(ハンドドリップコーヒーとフレッシュなサンドイッチの店)で食欲を満たしてはいかがでしょうか。 締めは、息を呑む最上階のルーフトップバーでクラシックなカクテルを。ただし、下を見下ろさないようくれぐれもお気をつけください!

港区虎ノ門1-23 / toranomonhills.com
このページの先頭へ