デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

お茶の時間

2016年5月9日
Top Picks... Tea Spots

日本茶が味わえる都内のおすすめスポット。

お茶の故郷が中国であることに間違いはありませんが、日本に伝わり独自の進化を遂げ、茶道として極められた心温まる一服のお茶は紛れもなく日本の文化です。今日、茶の湯を通して日本の侘び・寂びの文化に触れられる場所は数多くあります。伝統的な茶室、茶房に足を運んでみましょう。おすすめの茶室・茶房トップ5…

八芳園

明治時代にタイムスリップしたような古き良き時代から続くこの茶房は、早めにご予約されることをおすすめします。滝や鯉の泳ぐ池、盆栽の数々など一分の隙もなく美しく整えられた絵のような日本庭園とともに、茶の湯のひとときを楽しめます。点茶とお手前の2つのコースが用意されています。点茶では本格的なお茶室でお菓子をいただきながらお茶を、またお手前では伝統的なお作法をお楽しみいただけます。お茶を楽しんだあとには、美しい庭園を散策してみましょう。春には桜、夏にはツツジ、秋には紅葉、そして冬には雪と、季節ごとに異なる表情で訪問客を迎えます。

古桑庵

この古風で趣のある中庭に佇む、純和風のお茶室に入るときは靴を脱ぐことをお忘れなく。窓際の席を確保したら、抹茶白玉ぜんざいを注文しましょう。湯気の立ち上る日本茶、ツヤのあるあんと白玉はまるで宝石のよう。ともに供される塩昆布は甘さの広がった口の中をさっぱりと整えてくれます。

涵徳亭

場所がら若干観光地じみてはいるものの、小石川後楽園の由緒正しき庭園を楽しめるこの茶室には訪れるだけの価値があります。満員電車並みに混雑するお昼時は避けるのが無難です。

八雲茶寮

日本の近代アートを牽引するデザイナー、緒方慎一郎の手がけた懐石レストラン『八雲茶寮』は前衛的な審美家の夢みた江戸を形にしたもの。凜とした白壁、控えめな木造の建物に大きなガラス窓が印象的なこの空間は、周囲を取り囲む緑と美しく調和します。屋内の茶房では著名な作家の手による茶碗に入ったお茶、朝茶、四季折々の菓子などが供され、おいしい料理やお茶とともに、美しい風景も楽しむことができます。

Souen 櫻井焙茶研究所

古風な茶道をスタイリッシュに昇華させた新しい茶の世界。高級茶葉の入ったガラス瓶が並ぶ店内には湯気が立ち上り、黒い木製のバーの向こう側で気さくな所長、櫻井真也氏が目の前で香り高いほうじ茶を入れてくれることでしょう。和菓子や健康的な野菜のおつまみとともに、新しいお茶の世界を味わってみましょう。お茶の世界は果てしない!

八芳園/ 東京都港区白金台1-1-1 / +81 3 3443 3105 / 月-金 10:00-22:00、土-日 8:00-22:00 / happo-en.com

古桑庵 /目黒区自由が丘1−24−23 / +81 3 3718 4203 / 木-火 11:00-18:30 / kosoan.co.jp

涵徳亭 /文京区後楽1-6-6 / +81 3 3815 2480

八雲茶寮/目黒区八雲3-4-7 / +81 3 5731 1620 / 月-土 9:00-17:00 / yakumosaryo.jp

Souen 櫻井焙茶研究所/港区西麻布3-16-28/ +81 3 5786 0024 / 火-日 11:00-19:00 / sakurai-tea.jp

このページの先頭へ