デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

居酒屋中の居酒屋

2015年6月15日
山利喜(本館)
他の場所では味わえない東京の愉しみと言えば、仕事帰りの一杯。英国に伝統的なパブがあるように、日本には居酒屋があります。地元で愛されている老舗をお探しでしたら、気取らない山利喜へどうぞ。

1924年の開店からすでに3代目を数える山利喜は、下町の森下で美味しい名物料理や銘酒を出す、東京きっての居酒屋に数える人も多い名店です。

昔ながらの居酒屋でおなじみの大きな赤提灯が目印ですが、店の前にはたいてい、開店の1時間以上前から行列ができているので見逃すことはないでしょう。 運良く席が空いて店内に入れれば、温かいおしぼりと品の良いお通しが出され、ほろ酔いの楽しい夜が始まります。

その看板メニューは、40年前から変わらない伝統のレシピによる煮込み。もつが柔らかくなるまで、ポートワインや八丁味噌、ブーケガルニでじっくりと煮込んだ風味高い一品です。 もちろん、他にもおすすめのメニューがあります。 やきとん(豚肉の串焼き)、しめ鯖、鶏レバーのテリーヌ、玉子焼きなどの美味しい料理をお連れ様とごいっしょにいかがですか。

居酒屋の料理のお伴には、選び抜かれた日本酒が一般的です。しかし山利喜では日本酒のほかにも、同店の気さくなソムリエ水上氏が厳選したフランス産ワインリストが充実しており、ここでしか味わえない料理とのマリアージュを楽しめます。

行列が長くてもご安心ください。 お店のスタッフが、すぐ近くにある2号店の山利喜新館を案内してくれます。 いらっしゃいませ!

東京都江東区森下2-18-8 / 03 3633 1638 / 月曜日-土曜日 17:00-22:00 / 早めのご来店をおすすめいたします / yamariki.com
このページの先頭へ