ペン・シティに戻る

日本酒の世界を身近なものに

2014年3月28日
朧酒店
日本酒専門店「朧酒店」が新橋にオープンしました。店名の「朧」は日本語で「ぼんやり」という意味の言葉です。日本酒は国民的な飲み物であり、日本を代表する味覚であるにもかかわらず、初心者がこの世界に気軽に足を踏み入れるには少し敷居が高い印象があることは否めません。ましてや言葉の壁を抱えている外国人にとっては、なおさらです。 ありがたいことに、朧酒店店主の大熊潤氏は、酒屋のバイヤーの経験から得た専門知識とアメリカ在住中に磨きをかけた流暢な英語力を駆使して、海外の日本酒通にも広く門戸を開けるよう一見分かりにくい酒の世界に立ち込める霞を取り払う試みを始めました。
朧酒店では毎月テーマを決めて、日本酒のテイスティングイベントを開催しています。このイベントでは最低5種類のプレミアムボトルの試飲を行い、酵母、濾過、年数、米の品種など、その日本酒の原材料について熱い討論が繰り広げられています。これも大熊氏が貴、而今、不老泉などの一流の蔵元から近所の居酒屋まで幅広いコネクションを持ち、あらゆる地域やグレードの地酒を試した経験があるからこそなせる業です。 ラベンダーの花を思わせる香りと芳醇な味わいが特徴の而今の純米吟醸と、特に肉料理に合う濃厚な味わいが特徴の滋賀の不老泉は、どちらもぜひお試しあれ。試飲して気に入ったお酒は、その場で注文して自宅まで届けてもらえます。 日本酒はよく分からない? これで日本酒が一気に身近に感じられるはずです!
東京都港区新橋5-29-2 / +81 3 6809 2334 / 定休日 土曜夜、日曜 / oborosaketen.com
このページの先頭へ