デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

丸の内イルミネーション

2016年12月2日
キュートなクリスマス

暗くて寒い冬の季節を魔法のように彩ってくれるのがクリスマスシーズンのライトアップです。欧米のクリスマスといえば、家族が集まってお祝いするイベントですが、ここ日本ではちょっと違います。12月24日は、カップルにとって一年で一番大事なロマンティックなイベントなのです。そしてその大事なイブのデートに不可欠なのはロマンティックなライティングです。

 

11月中旬から日本の街中ではジングルベルが鳴り響き、光の祭典に彩られます。ザ・ペニンシュラ東京のすぐ隣では、丸の内仲通りや大手町仲通りの合わせて約250本の街路樹が、約1.3キロの長さにおよび無数の灯りで美しくライトアップされる「丸の内イルミネーション」を楽しむことができます。環境に優しいLED電球が上品なシャンパンゴールド色に輝き、軒を連ねるブランドショップにふさわしくクリスマスシーズンの華やかな街並みを演出します。シャンパンのコルクが弾ける音が聞こえてきそうです。

 

もっと身近なところでは、当ホテルの仲通りエントランスとメインロビーには、ザ・ペニンシュラ東京のアンバサダー、Peterベアが特別ライトアップで登場。12月28日まで“カワイイ”をテーマにした様々なデコレーションで楽しませてくれます。はたしてPeterがクマのプーさんをライバル視しているのかどうかはわかりませんが、可愛い2匹のクマさんはクリスマスを楽しくしてくれるに違いありません。

丸の内イルミネーション / 丸の内仲通り & 大手町仲通り / 毎日 17:30-24:00 / marunouchi.com

写真 © Wiennat M / shutterstock.com


このページの先頭へ