デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

食べたい飲みたい

2014年3月20日
Le Bar a Vin 52
東京の高級スーパーマーケットチェーンである成城石井は、都内のいたるところに出店しており、輸入物のチーズ、各種デリ、ワインなどの上質な食料品を求めてグルメが通う場所となっています。それを考えれば、成城石井が‘食料品小売’業から、満を持して‘飲食’事業にも乗り出したことは自然の成り行きといってもよいでしょう。 そして、今年初めについにその日がやってきました。麻布十番の中心にシックなバー、Le Bar a Vin 52が開店したのです。店名は1年には52週あることにちなんで名付けられ、1年を通して毎週何か新しい味を届けてくれることを暗示しているかのようです。
そして、この店の出だしはなかなか好調です。 飾り気のない白いタイルで覆われた壁に囲まれた空間に、ヘリンボーンに貼られた床。そして天井からぶらさがったライトが120本を超えるワインボトルを照らしています。そのほとんどがフランス、イタリア、スペイン産で、白、赤、ロゼ、スパークリングワインまですべて網羅しています。 2009 リボンウッド ピノ・ノワールや2008 シャトー ベルナドットは、生ハム・サラミの盛り合わせ、チーズ盛り合わせ、ブリニに乗せていただくキャビアととてもよく合います。もっとしっかり召し上がりたい場合には、この店自慢のパスタや、絶妙な焼き加減のビストロ風和牛ステーキをどうぞ。 ほら、行ってみたくなってきたでしょう。 それはそうですよね。
東京都港区麻布十番2-2-10 麻布十番スクエアビル2階 / +81 3 5439 6403 / lbv52.jp
このページの先頭へ