デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

銀座小十

2014年8月11日
懐石料理店
ニューヨークからパリに至るまで世界中のグルメの都がどこもそうであるように、東京でも特に有名な人気レストランの憧れの席はなかなか取ることができません。 中でも、そのレストランが、奥田透料理長率いるミシュラン三つ星の懐石料理店「銀座小十」となれば、席を確保するのは間違いなく至難の業といえるでしょう。 あなたがもし席を確保できて、奥田料理長のおまかせ料理を味わう機会に恵まれたなら、批評家をも唸らせる、達人の手による本物のごちそうを堪能できるあなたはなんと幸運なことでしょう。

4階にある無駄を極力省いた造りの空間には、木目調の調度、黒みがかった石の床、淡黄色の壁と、8席のカウンター。ここに座れば、オープンキッチンで料理人が披露する腕前を堪能できます。 奥田料理長率いる料理人たちが腕を振るう料理一皿一皿に使用されるのは、厳選された旬の食材。そうした料理が、店名の由来となった陶芸界の巨匠、西岡小十作の美しい器に盛られて供されます。 外国人のお客様にも料理を堪能していただけるように、料理を構成する要素を詳しく説明した小さい百科事典も用意されています。天然うなぎの蒲焼き(甘だれ)や白焼き(たれなし)といった夏の珍味、焼き鮎、季節野菜の寒天寄せなども収録されていることでしょう。 料理と共に味わう日本酒は、見やすいメニューからお選びいただけます。すばらしい料理を口にする機会に恵まれたお客様の幸運に乾杯しましょう。 乾杯!

東京都中央区銀座5丁目4-8 カリオカビル4F/ +81 3 6215 9544 / 早めの予約がおすすめ / 昼・夜 月-土 / kojyu.jp
このページの先頭へ