デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

GINZA SIX(ギンザ シックス)

2017年6月19日
GINZA SIX(ギンザ シックス)

アジアで最も高級なショッピング街、銀座に登場した超豪華な複合施設「GINZA SIX」は、東京のショッピングシーンに新しくダイナミックな1ページを加えました。建築としても先鋭的なこの13階建ての施設は、男性および女性向けファッション、アクセサリー、キッズ、ライフスタイル、スポーツ&レジャー、ビューティー、バッグ&シューズなど海外や国内の超一流ブランドを取り揃えています。地下には能楽堂まで完備しています。

外観は日本の伝統的な「暖簾」からヒントを得たデザインを取り入れ、その一方内装は現代芸術とモダンなブティックが完全に融合しています。そんなGINZA SIXに店を構えるテナントは、当然ながらそうそうたるメンツ揃い。ファッショニスタなら絶対見逃せないのは、米国デザイナーのAlexander Wang(アレキサンダーワン)、ベルギーのMaison Margiela(メゾン マルジェラ)、ニューヨークのRag & Bone(ラグアンドボーン)、実験的メンズウェアレーベルのSoph(ソフ)といった最先端のコレクション。さらにはAlexander McQueen(アレキサンダー マクイーン)、Belstaff(ベルスタッフ)、Céline(セリーヌ)、Dior(ディオール)、Saint Laurent(サンローラン)、3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)などのブランドです。 

アートに関心のある方は、2階の天井から吊り下げられた水玉模様のついた紅白の南瓜のインスタレーションが気に入るはず。言うまでもなくこれは日本のアートシーンのスター、草間彌生氏の作品です。2018年2月まで展示される予定です。4階のポップアップストアでは、水玉入りのフルーツのデザインをあしらった様々な草間彌生グッズも販売しています。また、ホールには森美術館監修のもと、大巻伸嗣(ウォールフラワー)や船井美佐(鏡を用いたインスタレーション)といったアーティストの作品を展示しています。

お腹が空いたら、13階、6階、地下にあるレストランやフードコートへ。味にこだわる方も満足のお店が揃っています。寿司、ステーキ、お弁当や抹茶アイスなど、手軽な軽食から世界各国の料理まで、様々なグルメを取り揃えています。銀座でのショッピングに、また新しい定番スポットの誕生です!

GINZA SIX / 東京都中央区銀座6-10-1 / 03 6891 3390 / ショップ 毎日 10:30-20:30、レストラン 毎日 11:00-23:30 / ginza6.tokyo

Photos © Curiosity

このページの先頭へ