デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

パーフェクトな1日… 富士河口湖

2017年11月13日

秋を愛する人たちは、富士河口湖で開催される紅葉まつりが間もなく始まることをすでにご存じでしょう。LUXEガイドではこのお祭りを最高に楽しむ方法をご紹介します。

秋の紅葉まつりは、富士山麓の北にある人気のリゾート地である河口湖で行われ、真っ赤に染まった木々の葉を楽しもうと多くの人々が集まります。少しでも人の少ない時期を選びたいなら、多くの自然愛好家たちであふれ返る週末は避けた方がいいでしょう。平日に東京駅から列車に乗り、河口湖駅まで2時間の旅をお楽しみください(または、ご自分へのご褒美にタクシーを1日貸し切りという方法も)。

世界的にも有名なこの景勝地に到着したら、湖と紅葉が織りなす絶景を眺めながら一息入れ、それから久保田一竹美術館に向かいましょう。織物染色技術は古く、17世紀までその起源をさかのぼりますが、久保田一竹はその伝統工芸の大家です。ここで彼が創り上げた着物や工芸品を鑑賞することができます。美術館に併設された茶房で、富士山の絶景を愛でながらお抹茶や和菓子でひと休みした後は、美しい庭園での散歩も楽しみましょう。滝や森林が奥ゆかしい佇まいで迎えてくれます。

さて次に向かうのは、もみじ回廊です。他の場所では見ることのできない、見事な紅葉の風景が広がります(カメラを忘れずに。SNSに投稿すれば誰もがうらやむ、加工なしの素敵な秋のスナップ写真が撮れます)。絶景発見の旅はまだまだ続きます。カチカチ山ロープウェイに乗車して、聳え立つ富士山の勇姿と秋色に彩られた稜線をお楽しみください。

歩き回るとお腹も空いてきますよね。秋探訪のご褒美にうどんで一息入れましょう。ほうとう不動は、有名な地元グルメ、美味しいほうとうを安心して楽しめる老舗です。普通のうどんとは異なる平たい麺は、風味豊かな野菜がたっぷり入ったみそ仕立てのだしとよく合います。冬を迎える前に体を温めてくれる、この季節に最適の郷土料理です。

ほうとうでお腹いっぱいになったら、もう少しゆっくり休んでいってはいかがでしょう。是非お勧めしたいのは、富士山を一望できる山中湖温泉 紅富士の湯。この静かな温泉施設は、2つのタイプのサウナと岩盤浴を備えています。マッサージコーナーや美顔コーナーに加え、地元料理を提供するレストランも併設しています。

日が暮れた後も、河口湖では木々がライトアップされ、おとぎ話のような美しい木立の世界を楽しめます。夜までゆっくり滞在してから、東京への帰途につかれることをお勧めします。

久保田一竹美術館 / 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255 / 0555 76 8811 / 毎日 9:30-17:30 / itchiku-museum.com

もみじ回廊 / 山梨県南都留郡富士河口湖町 / 0555 72 3168 / 期間中毎日 9:00-19:00 / fujisan.ne.jp

カチカチ山ロープウェイ / 山梨県南都留郡富士河口湖町浅川1163-1 / 0555 72 0363 / 毎日 9:00-17:10 / kachikachiyama-ropeway.com
ほうとう不動
/ 山梨県南都留郡富士河口湖町河口707 / 0555 76 7011 / 毎日 11:00-19:00 /
支店あり / houtou-fudou.jp

山中湖温泉 紅富士の湯 / 山梨県南都留郡山中湖村山中 / 0555 20 2700 / 毎日 10:00-21:00 / benifuji.co.jp

このページの先頭へ