デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

完ぺきを極めたフランス料理

2016年4月11日
Quintessence(カンテサンス)
世界各地では日本の居酒屋が人気沸騰中ですが、肝心の東京の人々はフレンチに夢中。ヤギのミルク、ユリ根、岩塩、オリーブオイルで作られたババロア、カリッと炒めた甘鯛、栗入りクレームブリュレなど、品川のレストランQuintessence(カンテサンス)の極上料理には誰もが圧倒されることでしょう。本質的な完ぺきさを意味する店名が示唆する通り、最高にシックなこのレストランは、お客様を喜ばせることを最重要視しています。すごいでしょう!

日本有数のすご腕フランス料理シェフ、岸田周三氏が指揮を執り、最高級のモダンフレンチをお届けする同店は、サンペレグリノがスポンサーを務める「アジアのベストレストラン50」の2016年度最大躍進賞を受賞したばかり。卓越した技術と厳選された旬の食材で作られるマルチコースのメニューは、岸田氏がパリの有名レストランL’Astrance(アストランス)に5年間勤めた経験がもとになっています。精密さと情熱も、名誉あるリストの第20位にランクインされた要因でしょう。

彼は新鮮な旬の食材を尊重します。そのため、メニューは毎日同じものではなく、その日どの食材が最高の状態かによって変わります。また、「キュイソン」(火の入れ方)にもこだわっており、低温長時間ローストで肉の風味を最大限引き出すようにしています。

カンテサンスはソフトな照明に照らされた上品な空間。ドレスコードは「エレガントカジュアル」ですので、ショーツやサンダルは脱ぎ捨てて、パリッとしたスーツで出かけましょう。スマートフォンをしまうこともお忘れなく。スマホで写真を撮る最近のトレンドを嫌う岸田氏は、メインダイニングエリアでの写真撮影を固く禁じています(耳より情報:プライベートルームでの撮影は許可されています)。おいしい料理を写真に収められないなんて、ああ…

品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F/ +81 3 6277 0485 / ランチとディナー 月-土 / quintessence.jp
このページの先頭へ