デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

古代美術の新たな形

2014年3月13日
Carré MOJI (キャレモジ)
真っ白な背景に真っ黒な筆さばきという無駄のないミニマリズムは、繊細で控えめながらも、力強さを表現し、感情を呼び起こします。古来より続く芸術に現代の感性を採り入れた書道は、日本美術固有の美と静けさを見事に映し出す芸術的手段と言えるかもしれません。 この伝統的なアートを現代風にアレンジしたのが、東京を拠点とするギャラリー兼スクールのCarré MOJIです。Carré MOJIが生み出した世界に一つしかない作品は、『モダンリビング』誌から東京ステーションホテル、企業の販促グッズまで、いたるところで採用されています。
にぎやかな南青山の表参道に、白とやわらかいグレーを基調としたショールームを構えるCarré MOJI(キャレモジ)は、2,000点あまりの一点ものの書道作品をインテリアアートとして展示・販売しています。それらはすべて、12人の書道の達人によりしたためられています。 作品には小さいものでは17 x 25 cm、大きいものでは1 ㎡を超えるものまであり、心と魂、太陽と月、希望と愛を意味する漢字またはひらがなが書かれています。 デザインによっては大胆な色彩のカラーブロックが配されていますが、多くはまっさらで無地のキャンバスに筆文字がしたためられているだけのクリーン&シンプルなデザインです。 英語と「文字フィック」のコレクションでは、抽象的な英単語やグラフィックが書道としてアレンジされ、陶器やクッションカバーには書道家たちのサインが施されています。 東京にいらっしゃらない? ご心配はいりません。世界のどこにいようとも、Carré MOJIの充実したオンラインストアで作品を鑑賞して、購入することができます。 まさにマウスクリックで広がる、文化とスタイル、そしてエレガンス。
東京都港区南青山5-11-24 3F / +81 3 5766 7120 / carremoji.jp
このページの先頭へ