デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

小石川後楽園

2015年3月30日
花の季節を満喫!
心躍る春がやってきました。 東京の春のお楽しみといえば、なんといってもお花見です。気候が春めいてくると、春の到来を祝うお花見の準備で地元の人たちはそわそわ落ち着かなくなり、遠方からも見物客が押し寄せます。 頬を赤らめたかのような美しい桜の木を観賞できる場所は、都内にもたくさんありますが(昨年は、ミッドタウン・ブラッサムイベントをご紹介しました)、人ごみを離れて静かに桜の花を愛でたいなら、あまり知られていないながらも美しさに関してはひけをとらない小石川後楽園に向かいましょう。

小石川後楽園は、東京に2軒残る江戸時代の武家屋敷庭園うちの1つです。その7ヘクタールの敷地には、スイレンが咲き乱れる湖や人工の丘、隠れた小道や絵のように美しい橋など、中国の影響を受けた15世紀の日本庭園がほぼ完全な状態で保存されています。 お花見のベストスポットは、入口正面に立ち並ぶ、支柱で支えられた桜並木です。桜の花がびっしりと枝を覆い、花の重みで枝が垂れ下がるほどです。けれども今後数週間は、園内の反対側にある梅林にも足を伸ばしてみましょう。はるか昔の奈良時代には、花見といえば可愛らしい梅のつぼみを鑑賞することだったのです。 花見の時期を逃したとしても ご心配なく。夏は緑が生い茂り見応え十分です。また、秋の紅葉の季節もおすすめです。燃えるような紅いもみじや黄金色に輝く銀杏の葉を鑑賞できます。 花の季節を満喫しましょう!

文京区後楽1-6-6/ +81 3 3811 3015 /毎日 9:00-17:00 / kensetsu.metro.tokyo.jp
このページの先頭へ