ペン・シティに戻る

お花見場所: 藤

2014年5月8日
あしかがフラワーパーク

東京の桜を見逃してしまいましたか? 幸運なことにその落胆は長くは続かないでしょう。日本の春は次から次へと満開になる花々を楽しめます。今月は藤の花がピークを迎え、日本列島は美しく連なる紫色の花びらに包まれます。 日本で最も古い花の木である藤の花が連なって垂れ下がる姿は息をのむほど美しい光景ですが、東京には藤の花を満喫できる場所があまりありません。そこで栃木県のあしかがフラワーパークをおすすめします。東京から電車で2時間ほどの所にあるこのパークにはさまざまな花が咲き乱れていて、少し遠出をする価値は十分にあります。
 
このパークには、典型的な藤色をはじめ、青、白、ピンク、黄色などさまざまな種類の藤の花が咲き乱れています。目玉はなんといっても、1000㎡以上にも広がる3つの巨大な藤棚。花びらが二重になった珍しい藤も観賞できます。 東京から12時間の距離にある世界的に有名な河内藤園(藤の花の‘トンネル’の絶景で有名)は日帰り旅行には遠すぎるとお嘆きの方は、あしかがフラワーパークに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。80メートルに及ぶ白い藤の花のトンネルに感動すること請け合いです。 花の季節を満喫しましょう!
 
藤の時期、4月中旬―5月末

栃木県足利市迫間町607 / 0284 91 4939 / ashikaga.co.jp/en

このページの先頭へ