デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

アート心を刺激しにお出かけください。

2017年3月7日
アートフェア東京

コンテンポラリーなアジアンアートにご興味のある方々に是非、足を運んでいただきたいのがアートフェア東京。今年のテーマはArt is Alive: アートに近づく、アートが近づく アートを共有する方法に革命を起こしたソーシャルメディアの時代を鋭く反映しています。

東京国際フォーラムの会場で開催される日本最大のアート見本市。国内外から150ものギャラリーが出展します。「ロビーギャラリー」は今年のテーマに沿って、現代のライフスタイルの延長としてのアートを感じることができる場として無料公開されます。「アクセスエリア」では国内外のアートメディアブース、特別協力美術館ブースなど最新のアート情報を発信し、ラウンジも備えています。メインの展示場「ギャラリーエリア」は、センターの大通りを境に古美術、近現代、工芸ギャラリー等が集まる「North Wing(ノースウィング)」と現代アートギャラリーを中心とした「South Wing(サウスウィング)」に分かれます。2017年度は、参加ギャラリーの数も過去最高となり、スケールの大きなスタンドも見応え十分です。

メインとなるのは、東京、北京、香港、韓国、フィリピンなど日本とアジアのギャラリーですが、ヨーロッパからも、イタリア、スイス、フランスなどから21の初参加ギャラリーも含めて出展します。「プロジェクツ」のセクションでは、12の新興アーティストのギャラリーが独自のショーを展開し、絵画、彫刻、インスタレーションなどをガイド付きツアーで紹介します。

アートフェア東京2017は、3月17日金曜日の午後から一般公開が始まります。16日の木曜日は招待客を招いてのプライベートプレビューおよびレセプション、17日の午前中はVIP用の特別鑑賞が予定されています。最終日は3月19日の日曜日です。招待客のリストに載ってみたいものですね!

2017年3月16-19日

アートフェア東京 / 東京国際フォーラム / 東京都千代田区丸の内3-5-1 / artfairtokyo.com

このページの先頭へ