デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

東京で味わうアメリカの味

2014年12月15日
BLT Steak(BLTステーキ)
2004年にニューヨークでオープンして以来、BLT Steak(BLTステーキ)は、定番かつお馴染みのブランドとして名を馳せ、ラスベガスからワイキキ、香港からソウルに至るまで、アメリカ国内外に店舗を開拓してきました。 しかし、その栄光だけでは飽き足りず、BLTを経営するESquard Hospitality社は、口の中でとろける神戸牛のようなステーキの完成形が存在する日本市場への進出という高い目標を掲げました。

それでは、東京の肉好きにアプローチするためのBLTの戦略とは? それは、日本の外食産業大手ジンテージ株式会社のサポートを受けることと、USDA(アメリカ農務省認定)の格付け最高位のプライムグレードの牛肉と、アメリカン・アンガス協会の認定を受けた最高品質のCAB(サーティファイド・アンガス・ビーフ)といった最高品質の肉を使用することでした。 ナイトライフで有名な六本木の中心に店を構えるBLT Steak東京は、マグロのタルタルとアボカドのライム醤油ドレッシング、28日熟成ドライエイジングポーターハウスのハーブガーリックバター風味、砕いたピスタチオが乗ったマイヤーレモンのタルトなど、モダンなステーキハウスの定番メニューを前面に押し出しています。 現在日本でも人気となっている、世界中から集めたクラフトビールも提供されています。約430 ㎡の広さの店内は二層構造になっており、モザイク模様の木の床、革張りの家具をしつらえ、屋外テラスもあります。天井が高く開放感溢れる店内では、アメリカのステーキハウスにいるような気分を味わえます。 東京の皆さん、アメリカの味覚を満喫しましょう。

東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン5階 / +81 3 3589 4129 / ディナー毎日 / bltsteak.jp
このページの先頭へ