デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

女性の冬物ファッショを買う

2017年10月23日

外は寒いですが、心配はご無用です。LUXEが、冬場に一番暖かいものをご用意しました。それもカシミア王国である上海の秘蔵っ子のものです。

Feine Cashmereの肌触り抜群なウール製品をまとめ買いしましょう。寒い気候にぴったりな、思わず目も心も惹かれる品々には、カシミア製スカーフ、ショール、ラップ、ポンチョなどがあります。惚れ惚れするようなパステルカラーやさり気ないニュートラルカラーからお選びください。甘めなスタイルにちょっとスパイスを効かせるなら、デニムとレザーをワンポイントにプラスしましょう。

Philippe Le Bac’のカシミア・コレクションは、85ドルからとお財布にも優しいマストアイテム。他にもオプションとしてフワフワなビーニー帽、ベレー、カーディガン、ジャンパー、ラップドレス等があります。虹色の彩りのプルオーバー、セータードレス、スカーフで暖かくしましょう。そして、シルキーなバッグとつい撫でたくなる靴にも見惚れましょう。これは賢い宝物。

#MadeinChinaも上下(シャンシア)のおかげで、今や羨望の的です。Hermès傘下のデザイナー、Jiang Qiong Erの伝統的かつ洗練された家具と衣服。1階と2階の魅惑的な空間にある、この世のものとは思えないリテールセラピーに加え、3階にはVIPのための「展示ルーム」があります。このブランドのニットウェアは、その美しい空間と同じぐらい魅力に溢れています。古典的なフランス風建物の中に、隈研吾が手掛けた空間があるのです。上下(シャンシア)は、小売、文化、芸術を融合することを目的としています。それでは、カシミア大流行後の現在の展示をご覧ください。お土産をお探しですか? 職人が、ブランドの繊細な茶器を編んだ竹で包みます。

香港の一流ブランド上海灘には、惚れ込まれるだけのものが色々とありますが、少し肌寒く感じているのだったら、裏地がシルクのカシミア・カルディがおすすめです。ワードローブに場所があれば、全色揃えたいくらいです。これらのおすすめ品はモンゴル製ウールを使用しており、シルクのブラウス、シンプルなTシャツ、時々見え隠れするレースのシャツの上から羽織るとビジネス用にも決まります。1930年代の映画を思わせる品々には、ハンサムな東西の出会いを体現する男性用及び女性用服、それに加えて素晴らしい内装、アクセサリー、ギフトがあります。

中国のスーパーモデルLu YanはComme Moiをオープンし、ただ美しいだけの人ではなかったことを証明しました。’Comme Moi 店内は、Neri & Huがデザインしたマーブル&メタルの空間で、Luの綺麗なフォルムと贅沢なディテールたっぷりの魅惑的なデザインを展示しています。夢うつつ。ロマンチックなニットウェアを買いだめしておきましょう。でも、休憩中のモデルのルックスを自分のものにするなら、遊び心のある髪型と現代的な服装も忘れずに...

Feine Cashmere / 392 Wukang Lu / +86 21 6437 3835 / 10:00 - 22:00/ feinecashmere.com

Philippe Le Bac / 3719 Hongmei Lu / +86 21 5417 7339 / 9:00 - 21:00/ philippelebac.com

Shang Xia / 233 Huaihai Zhong Lu / Huangpu / +86 21 8017 9777 / 11:00 - 21:30(毎日)/ shang-xia.com

Shanghai Tang / 868 Huaihai Zhong Lu / Xuhui / +86 21 5403 0580 /10:30 - 21:30(毎日 )/ shanghaitang.com

Comme Moi / 169 Xinle Lu / +86 21 5289 5237 / commemoi.com.cn

このページの先頭へ