ペン・シティに戻る

シンプルイズベスト

2014年4月29日

筑地青空三代目

最近の日本料理の中には、飾り付けにこだわり過ぎているものがありますが、真の寿司好きはシンプルで新鮮なネタに勝る物はないことを知っています。 おそらくそのことを誰よりも分かっているのは、有名な東京築地の場外市場に店を構え、新鮮な魚を格安で楽しむことのできる築地青空三代目でしょう。そして、この店の上海店も同様に、余分なものをそぎ落とすという方法で成功を収めています。これは、現地の人にとって、ちょっとした驚きなのです。

ひのきのカウンターの向こうから、店長の亀崎鯛太(しゅうた)氏と店員たちが、ヒマラヤ産のピンク岩塩とシトラスで味付けした魚と(万が一お口に合わない場合の)お好みのネタの寿司を–一貫ずつ次々と–出してくれます。緩く握ったお好みの量のシャリの上にネタが乗ったその姿は、完璧な曲線美を描いています。 酢漬けのヒラメから、口の中でとろけるトロ、生姜とネギが乗ったサバ、クリーミーなウニ、和牛のたたきや甘い出汁巻き卵などの定番ネタの他にも、決して奇をてらわないオリジナルのメニューが用意されています。 種類豊富なドリンクメニューから日本酒を選んで楽しめば、言うことはないでしょう。ただし、お酒の進み具合がお寿司を握る板前さんのペースを上回ることがないようご注意を。 新鮮でシンプルなお寿司をご堪能ください。

191 Changle Lu(长乐路) / Maoming Nan Lu(茂名南路)付近 / +86 10 5466 1817 / 日曜定休

このページの先頭へ