ペン・シティに戻る

謎の多い料理店

2014年4月9日

上海サパークラブ

場所も参加者も料理も毎回変わる秘密のディナー - ニューヨークやロンドンなどの最先端都市では既にこのようなコンセプトのイベントが存在するようですが、ついにそれが上海にも広まってきました。 では、もう少し詳しく説明いたしましょうか? 毎回参加者を変えて、秘密の場所で貸し切りのディナーイベントが開かれます。基本的にはいわゆるディナーパーティーですが、それに趣向を凝らしたテーマやメニュー、気になる人々という少しばかりのスパイスを添えたものといえるでしょう。 次のディナーの予約をすると、場所、ドレスコード、同伴者について指示を受けます。ワクワクしてきませんか?

これまでのイベントには、B6 Basement Collective、Shanghai Graffiti Park、Strictly Designers Unitedのショールームがロケーションとして使用され、それぞれプレッピーシック、メキシカンフィエスタ、ホリデーシーズンというテーマが設定されました。もちろん料理もそのときのテーマに合わせて、Amelia Heaton-Renshawなどの上海のシェフのおまかせ料理が並びます。 各回のお料理として、プレッピーシックの回はアーノルド・パーマーズ風の料理とデビルドエッグ、メキシカンフィエスタではチョリソ・デ・セルドにフィッシュタコス、それにフィエスタ風セビチェ、ホリデーシーズンではローストビーフ、ミンスパイ、ホームメイドファッジが並びました。 「ディナーパーティーが嫌いな人なんているわけがない」と言われたら、” “その通り!と答えるしかありません。”

shsupperclub.com

このページの先頭へ