ペン・シティに戻る

高級広東料理レストラン

2014年2月21日
ラ・ソシエテ(La Société)

上海のバンド地区にほど近いロックバンド地区は再開発が進み、以前ご紹介した「上海外灘美術館/The Rockbund Museum」をはじめ、高級レストランの「カポ/Capo」や「ライト&ソルト/Light & Salt」など一度訪れてみたい場所がいくつもありますが、また一つそのようなレストランが増えました。歴史あるYWCAビルにふさわしい広東料理レストラン「ラ・ソシエテ/La Société」は、高級化が進む一帯と調和するように、カラフルな大理石タイルの床に鏡張りの柱や白い革製アームチェア、ラッカー仕上げの紫檀テーブルを配していますが、そのインテリアや調度品は上海が黄金期を迎えた1920年代の雰囲気を色濃く反映したものになっています。

香港のフォーシーズンズホテルの中国料理レストラン「龍景軒」で、ミシュランの三ッ星に輝いた馬桂明シェフ(Ma Kwai Ming)が腕を振るうだけあり、一般的な海老餃子や焼売の代わりに、バターとクルミをふんだんに使用したクラストにアワビを乗せたタルトや、ウニをおしげもなく盛り付けた海老焼売、豚とモレル茸の揚げ点心など一工夫ある点心類を楽しむことができます。また、世界的に有名なジャン・ジョルジュ・ヴォンゲリヒテンシェフ(Jean Georges Vongerichten)が絶賛するロブスターヌードルもあり、お会計もそれなりの額になることが予想されますので、お出かけ前にはお財布の中身をお確かめになることをお勧めします。

8/F YWCA Bldg /133 圆明园路(Yuanmingyuan Lu) / 黄浦区(Huangpu) / +86 21 6323 6767 / 月曜日-金曜日 11:30-24:00、土曜日・日曜日 12:00-24:00
このページの先頭へ