ペン・シティに戻る

信頼のおける地元の味

2014年3月27日

建国328小館

中国では、高級志向の一流レストランと、‘大衆食堂(キッチンの向こうをのぞいてはいけないと言われている)’との中間にある、評判の良いレストランを探すのは簡単ではないことがあります。だからこそ、カジュアルシックながらも飾り立てない下町のレストラン「建国328小館」はうれしい発見となることでしょう。 上海のこの小さなレストランは、実は台湾出身のカレン・チェンさんの厚意によりオープンしました。彼女は居心地の良い雰囲気の中、信頼できる食材だけを使った慣れ親しんだ地元の味を創造することを目指しました。

その結果は、 ろ過された水だけを使い、低品質のリサイクル油は決して使わず、化学調味料–の使用を禁止するという厳しいポリシーを貫くレストランとなりました。紅燒肉(豚の角煮のようなもの)、ブリの春巻き、腐豆腐などの料理の味に妥協は全くありません。 油で揚げた鴨モモ肉はカルト的人気を博しており、地元住民が太鼓判を押す麺類(ネギまたはセサミピーナッツがおすすめ)もあります。 健康的な食事と食の安全を重視するため、店内は禁煙となっています。そのため、たばこの煙を気にすることなくお食事をお楽しみいただけます。 このエリア必見のレストランの成功を受け、チェンさんは店のすぐ近くにワインバーもオープンする予定です。どうぞお楽しみに!

328 Jianguo Xi Lu / +86 21 6471 3819 / ランチおよびディナー時に毎日オープン

このページの先頭へ