ペン・シティに戻る

香港のホームウェア

2014年6月4日

インディゴ・リビング&キッズ(Indigo Living & Kids)

すっきりとしたラインの家具やクラシックなホームアクセサリーの品揃えが豊富なことから、香港のインテリアファンに長年愛されている「インディゴ・リビング&キッズ(Indigo Living & Kids)」が、ついに北部進出を敢行しました。同ブランド初の中国フラッグシップが上海の安福路にオープンしたのです。 上海のスタイルセッターたちは、このブランドの新しい3階建てショールームにたちまち注目し、国際的デザイナーによる商品が揃ったショールームに鋭いまなざしを向けました。とりわけ人気なのは、英国の代表的インテリアデザイナー、ケリー・ホッペン(Kelly Hoppen)とのコラボレーションによる商品です。

グレーの石材を使った品の良いショップに入ると、贅沢なファブリックと控えめで自然な色合いを使った、時代を超えてスタイリッシュな家具がたくさん揃っています。最新コレクションは、持続可能な供給源から調達した広葉樹材の家具やベッド、手描き杉綾模様のキャンバスクッション、屋外でのもてなしに使える防水ディナー用食器など。 店内に常駐するデザインコンサルタントが、エレノア・プリチャード(Eleanor Pritchard)のとっておきのスローや、おしゃれなスカンジナビアのアームチェアを選ぶお手伝いをします。大きな家具を気に入っても、心配ありません。サイズに詳しいこの会社が、あらかじめ搬入先のエレベーターのサイズを測り、すべての品物を無事に搬入できるか確認します。 上海を訪れた旅行者も、気軽に持ち帰ることのできる地元産テーブルリネンや、旅の写真を飾るのにうってつけの竹製手作りフォトフレームを買えそうです。

185-187 Anfu Rd / +86 21 6475 5228 / 毎日10:00 ― 17:30 / indigo-living.com

このページの先頭へ