ペン・シティに戻る

タコスとテキーラ

2014年4月22日

エル・ルチャドール(El Luchador)

外国人にも、流行に敏感な上海人にも既に注目のスポットとなっている永康路(Yongkang Lu)。この通りには人気のレストランやバーが立ち並び、Pastis、Ginseng Cocktail Bar、Café des Stagiairesなどは、ほんの一部の例にすぎません。 そして、この通りに現れた新星が、モダンなメキシカンバー兼レストランの「El Luchador(エル・ルチャドール)」(ファイターという意味)です。むき出しの煉瓦でできた壁、ルチャリブレ(メキシカンスタイルのプロレス)のマスクを描いたカラフルな壁画、そしてファンキーなモザイク模様のタイル張りの床のどれもが印象的な2階建ての店舗です。’

メキシコシティ出身のシェフ、エドゥアルド・ゴメス(Eduardo Gomez)氏(以前は外灘(バンド)にあるMexoで働いていた)は、チポトレチキンあるいは柔らかくなるまで蒸し煮にしたポークカニタスを包んだブリトーや、ポブラノのローストとピコ・デ・ガヨたっぷりのチミチャンガのような心のこもった一皿でテックスメックス料理も出しますが、レストランでは本格的なメキシ​​コ料理のメニューが勢揃いしています。 中でも特筆すべきは彼が作る、アドボソースに漬けたチョリソーがトッピングされたタコスです。軽く衣をつけたエビのチリレモンアリオリソース添えも外せません。チョコレートモレのエンチラーダ、フラウタス(具を挟んだ揚げトルティーヤ ‘フルート’)、それにケサディーヤのような代表的なメキシコ料理もごいっしょに。 バーでは、テキーラやメキシコのビールのほか、グランマニエとホセクエルボ、それにフレッシュレモンとフレッシュライムのジュースをブレンドしたフローズンマルガリータなど、さまざまなドリンクを楽しめます。こうあっては、物議を醸し出している永康路沿いの騒音問題が解決するのは、しばらく先のことになりそうです。’ でも、お酒はファイターのようにではなく、平和に穏やかに楽しみましょう。

83 Yongkang Lu / Xuhui / +86 21 6422 8653 / el-luchador-china.com

このページの先頭へ