デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ウォルト・ディズニーの世界を再発見

2017年1月19日
The Art of Walt Disney Animation Studios: Movement by Nature(ウォルト・ディズニーの芸術アニメーションスタジオ:自然のムーブメント)
ミッキーマウス、ダンボ、バンビ、ピノキオ、101匹わんちゃん…ディズニーの描く素朴な世界は、現代のコンピューターを駆使したハイテクアニメの世界とはかけ離れているようみ思えるかもしれませんが、この新しくパリに登場した展示では、こうした作品の芸術性やモダニズムにスポットライトを当てています。

パリ初登場となるArt Ludique-Le Musée、The Art of Walt Disney Animation Studios: Movement by Natureの展示には、ウォルト・ディズニー・アニメーション研究ライブラリーとの連携により実現した350点を超える厳選作品が展示されています。ディズニー初のアニメ作品となった白雪姫と七人の小人(1937)から最近世界中で大人気を博したアナと雪の女王(2013)に至るまで、この回顧展ではカリスマ的動物やキャラクターを描いて同社の屋台骨を支える製図者やデザイナーなどにもついても触れ、ディズニーならではの動物やキャラクターたちが鹿や犬、他の動く生き物を観察した自然の本当の姿に基づいたものであることを教えてくれます。
ディズニーの変化に富んだスタイルには、主な芸術的ムーブメントも息づいています。シュールリアリズム、キュビズム、抽象的、前衛的芸術など、すべてがアニメーションに影響しているのです。本展示はこうした発展とともに、ディズニーの成功を支える社内テクノロジーの変遷についてもまとめています。同時録音からマルチプレーンカメラ、コンピューターを駆使した背景画に至るまで、その歴史に触れられます。

このタイトルからは子供向けの展示のように思われるかも知れませんが、当時のディズニーの急進的なアニメーションを検証する手法は、この陽気なビジュアルと郷愁漂う展示を大人にも見応え十分なものにしています。パリのセーヌ河岸レ・ドック地区にある近代的な建物に入ったこのミュージアムには、コミック、漫画、ビデオゲーム、アニメーション、実写版映画など、さまざまな常設展示もあり、訪れる人々の想像力を刺激してくれます。

2017年3月5日まで。
Art Ludique / Les Docks - Cité de la Mode et du Design / 34 Quai d'Austerlitz, 13th / +33 1 45 70 09 49 / 月・水・金曜 11:00-19:00 、木曜 11:00-20:00 、土・日 10:00-20:00 / artludique.com
このページの先頭へ