デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

サング シェフが贈るサプライズ

2015年8月13日
Pierre Sang in Oberkampf(ピエール・サング・イン・オベルカンフ)

ピエール・サング・ボワイエ(Pierre Sang Boyer)氏は、まさにトップシェフ。 人気料理ショー『Top Chef』の2011年版で、優勝こそしなかったものの(準決勝で敗退)、素材を活かした料理が楽しめる、自らの名前を冠したオベルカンフのレストランでパリっ子の心をしっかりと掴んでいます。

このカジュアルなファインダイニングは、オープン以来約3年に渡ってそのアジアンフレンチの味覚、驚きの6品コーステイスティングメニュー、完璧なワインとのペアリングで、一般の人々や評論家を圧倒し続けています。シェフのサング氏は、レストランの厨房においてもカメラの前においても万能の才能を発揮。

ピエール・サング・ボワイエ(Pierre Sang Boyer)シェフのファンが彼の2号店Pierre Sang on Gambey(ピエール・サング・オン・ガンベイ)をチェックしている今こそ、オープンキッチンをのぞむ長いカウンターとコンクリートのシックなインテリアでまとめられた1号店Pierre Sang in Oberkampf(ピエール・サング・イン・オベルカンフ)を訪ねるのにもってこいです。 さあ、スツールに座って美食の旅を始めましょう。

ここでは、一体これから何が出てくるのかについて説明はありません。機敏に働くウエイターたちがただ目の前に料理を置き、先入観や偏見を持たないで食べるように指示されます。 そして、食べた後にはじめてそれが何だったのかを知らされます。口の中で溶けるほど柔らかい牛ほほ肉のポレンタとキムチソース添えだったり、サーモン、ツナ、タラのトリオにブロッコリーとわさび風味のグリーンピース添えだったり...すべての料理は、丹念に選び抜いた最高級のヨーロッパワインとペアリングされます。 楽しい驚きがいっぱいです。

55 rue Oberkampf, 11th / +33 9 67 31 96 80 / 毎日ランチ & ディナー営業/ + rue Gambeyに姉妹店あり / アレルギーなどによる食事制限はどちらの店でも対応します / pierresangboyer.com


このページの先頭へ