ペン・シティに戻る

Le Mansart(ル・マンサール)

2014年7月13日
注目のスポット、SoPi

ニューヨークにソーホーに匹敵するのは、パリの9区にあるシックなSouth Pigalle(南ピガール)地区、SoPi(ソピ)です。今、この繁華街のど真ん中にあるLe Mansart(ル・マンサール)が大人気を博しています。 厨房で盛りつけるボリュームたっぷりのアメリカンソウルフードのほかに、アールデコ様式の大理石のバーでは秀逸なカクテルを楽しめます。夏のテラス席はコーヒーをゆっくり味わいながら道行く人を眺めるのに最適です。Le Sans Soucis(ル・サン・スシ)、Le Floréal(ル・フロラル)、Chez Jeannette(シェ・ジャネット)などのダイニング・スポットをパリに登場させた仕掛け人たちのおかげで、この店が瞬く間にスタイルセッターたちの殺到するスポットになったのは当然といえましょう。

バーで楽しめるダーティウォッカマティーニ、シャンパン、カルバドスカクテル、自家製アブサンなどのカクテルは、Le Mansart(ル・マンサール)とLe Floral(ル・フロラル)を掛け持ちする米国人デビッド・ウェスト(David West)氏の考案したもの。 一方、フードメニューには、ハムとエメンタールのホットサンド、ロティサリーチキン、ポテトフライを添えたハンバーガーやホットドックなど、最近人気が再燃しているシンプルなカフェバー料理を集めています。 夜は華やぎ、小粋な客たちが道に溢れるほどですが、早い時間のお出かけをおすすめします。ムードが高まり、音楽が熱を帯び、ハンバーガーの注文が増える頃、遅い午後の日差しが差すテーブルについて1杯のワインを手にゆっくり過ごしましょう。 完璧なひと時

1 rue Mansart, 9th / +33 1 56 92 05 99 / 毎日 9:00-26:00 / lemansart.fr

このページの先頭へ