デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

上質の農産物、フランス産素材

2014年11月6日
Le Bon Georges(ル・ボン・ジョルジュ)

美味なる伝統料理、うっとりするような魅力と気取りのなさが同居する雰囲気ゆえに地元っ子に愛される、こぢんまりとした瀟洒なパリらしいビストロと出会うこと。それは、パリを訪れるすべての美食家が目指すものです。 そうはいっても、この世界的な観光地を訪れる人々の知るとおり、高額低品質の観光客向けの店がはびこる中、そのような素晴らしいビストロを見つけることは口で言うほど簡単でないことも多いのです。 そんな中、今年の春先に、南ピガール(South Pigalle)地区にLe Bon Georges(ル・ボン・ジョルジュ)がオープンしました。食材志向のビストロ料理、温もりに満ちた流行りの田舎風しつらえ、秀逸なサービスのおかげで地元の常連を早々と獲得している、気さくな雰囲気の隠れ家です。

常連のように振る舞い、お手頃な価格のコース料理ランチを選びましょう。日替わりのおすすめ料理に、選べる前菜かデザートが付いています。近場で採れた魚介類や地元で仕入れた新鮮野菜など、すべての料理の素材は産地の分かる収穫物です。 充実したアラカルトメニューは週替わりですが、常に環境に優しく旬の味を大切にしており、ロレーヌ地方産の濃厚な牛肉と有機栽培のジャガイモを使用したタルタルステーキ&ポテトフライ、根菜のロースト添えスプリングチキンなどを提供しています。壁に掛かった黒板メニューには、すべての食材の産地が誇らしげに書かれています。 さて、食事のお供は? 選りすぐりの銘柄を取り揃え充実したワインリストから、グラスやボトルで注文できます。締めくくりには、もちろん、完璧に熟成したチーズを召し上がれ。

45 rue Saint Georges / 9th / +33 1 48 78 40 30 / ランチ & ディナー 火曜日-金曜日、ディナー土曜日 / lebongeorges.com

このページの先頭へ