デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ブルックリンのトップレストラン

2016年7月5日
今こそホットなレストラン:ブルックリンエディション

先月のマンハッタンエディションに続き、橋を渡ってでも味わう価値のある新店をリュクス・シティ・ガイドがご紹介...

レトロな雰囲気漂うグリーンポイントアベニューのHail Mary(ヘイル・メリー)はハムとソーラ・エルワイリー(Ham and Sonla El-Waylly)夫妻(ソーラ氏はベンガル人の両親をもちアメリカ生まれ、ハム氏はカタール出身で、エジプト人とボリビア人の両親の間に生まれた)の切り盛りする食堂で、名物の二人はAtera(アテラ)、Del Posto(デルポスト)、WD-50などで修行を積んだベテラン調理人でもあります。グリルした鴨のハツ(心臓)にベーコンで炒めたファロファを添えた一皿、ローストしたビーツのエジプト風ダーティー・ライス添えなど。スタイルや国にこだわらない大胆なアメリカンディナーを満喫しましょう。

シカゴのAlinea(アリニア)で修行したグレッグ・バクストロム(Greg Baxtrom)氏がプロスペクト・ハイツ地区にオープンした店は、飾り気のない居酒屋Olmsted(オルムステッド)。農場主であり、Ateraの園芸担当も務めたイアン・ロスマン(Ian Rothman)氏が共同経営者として携わるこの店では、自家菜園から穫って来たばかりの新鮮な素材を使った料理を供します。日替わりメニューにはフィドルヘッドフェルン(コゴミやぜんまいの仲間)のフライと、干した帆立、ラディッシュを載せたガスパッチョなどがあります。屋内席か、グリーンあふれる屋外席をチョイス。

イタリアン好きにはSauvage(ソバージュ)をご紹介しましょう。Maison Premiere(メゾン・プルミエール)チームのシェフ、リサ・ギッフェン(Lisa Giffen)氏の作るイカ墨のガルガネッリ、ロブスターのクラッシュドポテト添えをご賞味ください。ウィル・エリオット(Will Elliott)氏はバーを担当します。彼のおすすめ、「Pastis Cobbler」(Argalaパスティス、チェリー、カモミール)などのカクテルもお楽しみください。

メキシコ料理の名店、El Atoradero(エル・アトラデロ)の女主人、デニス・リナ・チャベス(Denisse Lina Chavez)氏(ブロンクスでかつてCarnitas El Atoradero(カルニタス・エル・アトラデロ)を所有)は、彼女の代名詞とも言えるカルニタスのほか、タコス、ブリトー、トルタ、日替わりスペシャルなどを供します。花が咲き乱れるデッキが人気のこの店で、人気上昇中のモーレ・ポブラーノもお試しください。

ジェームズ・ベアード・アワードを受賞したパトリック・コノリー(Patrick Connolly)氏(以前はウェスト・ビレッジのBobo(ボーボ)で活躍)が率いるRider(ライダー)のメニューには、タルタルステーキ、ポークシュニッツェル、モルタデッリャの鉄板焼きなどがあります。ライブハウス、National Sawdust(ナショナル・ソーダスト)に併設されるこのレストランには、テーブルとダイニングカウンターからなるバールームもあります。荒削りながらラグジュアリーな雰囲気漂う二階部分は宴会場にも早変わりします。ブルックリンバンザイ!

Hail Mary / 68 Greenpoint Ave / +1 347 422 0645 / ランチ&ディナー 毎日 / hailmarybk.com

Olmsted / 659 Vanderbilt Ave / +1 718 552 2610 / 火-日ディナー / olmstednyc.com

Sauvage / 905 Lorimer St / +1 718 486 6816 / ディナー毎日(ブレックファスト、ランチ&ブランチは近日中に開始予定) / sauvageny.com

El Atoradero Brooklyn / 708 Washington Ave / +1 718 399 8226 / ディナー毎日、ブランチ 土-日/ elatoraderobrooklyn.com

Rider / 80 N 6th St / +1 718 210 3152 / ディナー毎日、ブランチ 土-日/ riderbklyn.com 

このページの先頭へ