デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ブルックリンの最新バー

2013年9月19日
アラメダ(Alameda)

光沢あるデコ調シェブロン柄の壁に白大理石がアクセントとなった「トゥアスト/Tørst」の成功を受けて、ブルックリン拠点の前衛的なデザイン会社「ホーム/hOmE」を経営しているエヴァン&オリバー・ヘースルグレーヴ兄弟(Evan and Oliver Haslegrave)は洗練されたデザインのダイニングバー、「アラメダ/Alameda」をオープンすることにしました。

バーの開業は簡単に真似できることではありませんが、シンプルな黒いファンが回る天井や光沢のある白タイルやメープル材パネルを使った壁、馬蹄形のバーカウンターやヴィンテージの鏡が映り込むほど磨かれた六角形の木製テーブルを配した空間はデザイン性の高さを感じさせます。バーカウンターの向こうではウエイン・ロングウェルさん(Waine Longwell)がついつい杯を重ねたくなるカクテルを、キッチンではニック・パディーヤシェフ(Nick Padilla)が腕を振るっています。二人とも人気レストラン 「ザ・ブルックリンスター/The Brooklyn Star」の出身です。

メニューの数は多くはありませんが、アメリカの古典的レシピにパディーヤシェフの独創的なアレンジを加えたお料理に満足がいくことでしょう。注目の一品は、カリカリベーコンにスモークチェダー、ポーチドエッグ、エシャロットのピクルス、アップルバターと、様々な味わいを一度に楽しめるフォアグラ・ブレックファストサンドイッチ、また、キュウリとモクセイソウに漬けたフレッシュオイスターはロングウェルさんの自家製ベルモットやビターズとの相性も抜群です。

グリーンポイント地区(Greenpoint)でも混雑の人気店となっており予約を受け付けませんので、バーでロベルト・バーンズ(Roberto Burns:メスカルテキーラ、カルパノアンティカ・ベルモット、オレンジビターズ、果皮)のようなカクテル類を味わいながら、順番を待ちましょう。ブルックリンにこれだけ注目のお店が増えてくるとマンハッタンもうかうかしていられません。

195 Franklin St, Greenpoint /
+1 347 227 7296 /
月曜定休/
http://www.alamedabk.com
このページの先頭へ