ペン・シティに戻る

名作のマニラ公演

2013年12月5日

プロデューサーズ(The Producers)

メル・ブルックス(Mel Brooks)が作詞・作曲を行った 「プロデューサーズ/The Producers」は、2001年にブロードウェイで初演されました。1968年にメル・ブルックスが監督を務めた同名の映画が原作ですが、ミュージカル版はその年のトニー賞で12部門の受賞に輝き、ミュージカル史上でも最も高く評価されている作品の一つとなっています。それ以降も、世界各地で上演されていますが、2年にわたるロンドン公演の後、11月にマカティ地区(Makati)にあるオンステージ(Onstage)での公演が始まりました。
 
世界中で愛されてきたミュージカルのあらすじは「ブロードウェイ・プロデューサーのマックス・ビアリストック(Max Bialystock)とレオ・ブルーム(Leo Bloom)は、興行を失敗させて大儲けする詐欺を企み、ニューヨーク最低のミュージカル制作のためにナチス信奉者のフランツ・リーブキンド(Franz Liebkind)の脚本とタップダンス、女装趣味のあるロジャー・デ・ブリー(Roger De Bris)を監督に起用するが、舞台は予想外の大ヒットを収め・・・。」というものです。最近では「幸せの青い鳥/The Bluebird of Happiness」、「マインズ・アイ/Mind’s Eye」を手掛けたハイメ・デル・ムンド(Jaime del Mundo)が監督を務め、トッパー・ファブレガス(Topper Fabregas)、カルロ・オローサ(Carlo Orosa)、ロビー・シアルシタ(Robie Zialcita)などレパートリーフィリピン(Repertory Philippines)のトップスターたちが熱演しています。公開当時同様にブルックスの作曲した楽曲と、スーザン・ストローマン(Susan Stroman)の振付を採用した作品は、大きな話題となっている上に12月25日が千秋楽となりますので、ご興味のある方はお急ぎ下さい!

Repertoryphilippines.com  

 

このページの先頭へ