ペン・シティに戻る

一日中「朝食」が楽しめる

2014年4月28日

ハッチ22

床から天井までの大きな窓、木製タイルの天井、現代的な大理石のバー、そして朝昼晩といつでも楽しめるクリエイティブなメニュー。ロックウェルのHatch22は、まるで「セックス・アンド・ザ・シティ」のセットから飛び出してきたようなスタイリッシュな内装で、ニューヨークにあったとしても人気スポットになること間違いなしのレストランです。 このレストランが、セレブ姉弟として有名なエルワンとソレンのヒューサッフ姉弟が手がけている事業のひとつであるということを知れば、内装デザインの素晴らしさにも納得がいくというもの。ヒューサッフ姉妹は他にHungry HoundやNiner Ichi Nawaなどの地元の人気店も経営しています。 Hungry Houndはクールなガストロパブ、そしてNiner Ichi Niwaが独創的なカクテルバーなのに対して、Hatch 22は一日の最初の(そして最も重要な)食事である「朝食」がテーマ。この街では入手困難な単一産地のコーヒー豆を使ったコーヒーが飲めるだけでなく、この街で一番おいしい朝食、ブランチ、そして最高のパンが味わえます。
 
この現代的なカフェでは、スーヴィッドエッグとポートベローマッシュルームをのせた焼きたてのマフィンのNYOB(「ちょっと変わったエッグベネディクト」のこと)や、‘サウス・オブ・ザ・ボーダー’のチョリソとチポトレチェダーのスクランブルエッグ、ブルーベリーリコッタのパンケーキと煎ったアーモンドなどの欧米風のメニューはもちろん、タプシログや、地元のソーセージ3種にガーリックライスとパリパリの目玉焼きを添えた「トリオ・オブ・ロンガニサ」など、地元フィリピンの料理も楽しめます。 他にも、究極の贅沢が楽しめるバスケットもあります。例えば「バスケット2」には、天然のサワードウ生地のパン、イギリスの田舎風マフィン、ベーコン・フォッカッチャ、フランス風のバゲット、そして‘マフィントップ’用のスプレッドとしてシナモンハニーバターやリキュールを加えた香り豊かな洋梨のゼリー、パイナップルとチーズのピメントなどが入っています。 炭水化物チャージはこれで完了!
 
G/F / Power Plant Mall / Rockwell / +63 915 109 7711 / facebook.com/hatch22ph 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

このページの先頭へ