デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

マニラで人気、米国生まれホームウェア

2014年10月20日

Pottery Barn(ポッタリー・バーン)

フィリピン群島では、長い間、米国人が取り入れた舶来物を好んできました。マニラっ子の間で瞬く間に人気を博したブルックリンのピッツェリアMotorino(モトリーノ)Todd English Food Hall(トッド・イングリッシュ・フードホール)など、最近マニラに登場したニューフェイスは、その良い例です。 しかし、古き良きアメリカ合衆国に対する愛情が尽きることはありません。最近では、小売分野にまで米国スタイルが参入し、米国全土で愛されているカリフォルニア生まれの家具&ホームウェアブランドPottery Barn(ポッタリー・バーン)という、米国屈指の流行ブランドがフィリピンに登場しました。

マニラのボニファシオグローバルシティにある2階建て1,439 ㎡の空間に広がるPottery Barn初の東南アジアフラッグシップには、装飾用品(イカット風スローピロー、フラシ天フロアラグやガラスランタン)から、機能的な家具(リネンカバーソファ、キャンバス地のパティオ用パラソル、地元で編まれた籐のベッドサイドテーブル)に至る多彩な家庭用品に加え、テーブルウェア、グラスウェア、寝具など心地よい暮らしに必要なありとあらゆるものが揃います。 小型家具のファンは、最上階にあるPottery Barn Kids(ポタリー・バーン・キッズ)へ向かいましょう。ダークウッドの2段ベッド、子供用アームチェア、ベビーコットなどの小さな家具が集められています。 家の構造上難しい? Pottery Barnの設計コンサルタントにアポイントをお取りください。理想のインテリアを実現するプロのアドバイスやアイデアを得ることができます。 さあ、財布の紐を緩めましょう。

Central Square / Bonifacio High Street Central / Bonifacio Global City / +63 2 950 8187 / potterybarn.com

このページの先頭へ