デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ピザ、それは愛

2016年1月25日
トップピック...マニラの最高級ピッツェリア

ミラノから見たら遙か彼方の地にあるマニラ。しかしながらこのフィリピンの首都でも、イタリア顔負けのイタリアングルメ、ピザがあるのです。モッツァレラのとろりとした誘惑を堪能できる最高においしいピザを食べられる店をピックアップしました。

メニューを一見しただけでは、いたって正統派のピザに見えますが(トマトソースにフレッシュバジルの香りが食欲をそそるマルゲリータ、サラミ、ソーセージとマッシュルームなど)、マカティにあるGino’s Brick Oven Pizza(ジーノズ石窯ピザ)はとろけるチーズと本場を思わせるトッピングでだれもを虜にしてしまうナポリ風ピザが自慢です。しかし、ご用心を。実は、この店の十八番はピザだけではないのです。ブッラータやホームメイドパスタもほっぺたが落ちそうなおいしさです。

ニューヨークシティの「リトルイタリーの北」と呼ばれる、BGCセントラルのNolita(ノリータ)では切り売りのピザが食べられます。どんなピザかお知りになりたいですか? アツアツのチーズがたっぷりかかったピザのトッピングと言えば定番のペパローニやナスのパルミジャーナなど。アメリカ人ならこう言うでしょう。「やるなら全力で行け、そうでないなら家でおとなしくしていろ」

スイス料理は薪で焼いたピザではさほど有名でないかもしれませんが、チーズではどこにも負けないという誇りがあります。そのため、サンモリッツにインスパイアされたVieux Chalet(ビュー・シャレー)で、ごく薄いアーモンドを散らした5種類のチーズのピザがいただけるのはちょっぴり驚き。ラクレットをたっぷり楽しみましょう!

もうおなかいっぱい? マカティのもう一つのお気に入りはVa Bene(バ・ベーネ)。ストリートスタイルでチャバッタ風のクリスピーな生地はハンドメイドのパスタにぴったり。ポルトベロマッシュルームを使ったクリームパスタやトリュフオイルのソース、さらにイカ墨シーフード漁師風パスタなどもご賞味あれ。そうそう、とろけるようなプリンのための場所も残しておいてくださいね。

もう少し軽めに食べたいときには地元の人々に人気のMy Kitchen by Chef Chris(マイキッチン・バイ・シェフ・クリス)へ。小麦ベースのサラダたっぷりDIY‘パニッツァ’がおすすめ。こちらはピザとカナッペをミックスしたような風変わりなスナック。初めは薄い長方形のパイですが、それを細くカットしてくるりと丸めて一口サイズにしたものです。食欲の赴くまま、ウエストラインにはちょっぴり目をつぶって楽しみましょう。これこそが、愛!

Gino's Brick Oven Pizza / Bautista St / Salcedo Village / Makati / +63 917 964 5339 / ランチとディナー 毎日/ + ブランチ / facebook.com
Nolita / 7th Ave x 29th St S / Bonifacio Global City / Taguig / +63 2 478 7091 / ランチとディナー毎日 / facebook.com
Vieux Chalet / 456 Taktak Rd / Sitio Sampaguita / Antipolo City / +63 2 697 0396 / ランチとディナー毎日 / vieuxchaletswissrestaurant.com
Va Bene / 2/F / Petron Gas Station EDSA / Pasay Rd / Makati / +63 2 556 9442 / ランチとディナー毎日 / vabenepastadeli.com
My Kitchen by Chef Chris / 1032-34 Belen St / Paco / +63 2 521 2371 / ランチとディナー毎日 / facebook.com
このページの先頭へ