デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ミニ・マニラ

2016年2月29日
お子様を喜ばせる方法は...…

お子様連れなら、どんな子でも笑顔になる、マニラでの休日に最高のアクティビティをご紹介します。

まずは、KidZania(キッザニア)から始めましょう。KidZaniaは子供サイズのミニチュアの大都市で、舗装道路、交通機関やお店などがあり、4歳から14歳までの子供が大人の世界を参加型体験で味わえる施設です。子供たちは俳優養成学校や航空学校のクラスに参加したり、パン屋さんや美容師さんの仕事をしたり、裁判官やクッキー職人ごっこに夢中になったりできるのです。タトゥースタジオ(もちろんシールですが)まであるんですよ!

もっと知的な遊びが好きなお子様には、The Mind Museum(ザ・マインド・ミュージアム)をお勧めします。小さい子からお兄さんお姉さんまで「科学に命が吹き込まれる」のを楽しむことができます。近未来的な外観の建物の中には、原子から宇宙までやテクノロジーといった5つのテーマに分かれた250以上の参加型の展示があり、さらに屋外に2つのディスカバリーパークもあります。各ゾーンはライトで輝くファンキーな橋やトンネルでつながっており、もちろん、お宅の恐竜博士が大興奮すること必至の恐竜たちも揃っています。

次は、Rizal Park(リサール公園)で子供たちを大暴れさせましょう。Rizal Parkはマニラの中心部にある広大な緑の広場で、愉快な動物や恐竜の像など、登ったり滑り降りたりして遊ぶものがいっぱいの遊び場があります。素敵な中国風、日本風庭園に洋ラン園、バタフライ・パビリオン、Pambata Children’s Museum(パンバータ子供博物館)も併設されています。

子供たちの足が疲れたら自転車タクシーに乗って、壁に囲まれた有名な古い都市であるIntramuros(イントラムロス)のツアーへ連れていきましょう。大人もきっと楽しめるはずです。マニラ近郊の最も歴史ある地区には、巨大な砲台と石の城壁を備えたFort Santiago(サンチャゴ要塞)など、よじ登って冒険できる歴史的観光サイトがたくさんあります。

わんぱくっ子たちが不機嫌になってきましたか? ではそろそろザ・ペニンシュラマニラに戻って、ザ・ロビーでメリエンダ(アフタヌーンティー)にしましょう。かき氷、練乳、あらゆる種類の甘い豆、ゼリーとフルーツを混ぜた、甘党御用達の蛍光色も楽しいハロハロをで、あくびの出始めた子供たちもエネルギーを補給できます。まさに絶品!

キッザニア / Park Triangle / Bonifacio Global City / +63 2 711 5439 / 営業時間 月-木 9:00-16:00、金-日 9:00-14:00および15:00-20:00 / kidzania.com
ザ・マインド・ミュージアム / JY Campos Park / Bonifacio Global City / +63 2 909 6463 /  営業時間 火-日 9:00-18:00 / themindmuseum.org
リサール公園 / Roxas Blvd / Ermita
ザ・ロビー / G/F / ザ・ペニンシュラマニラ / +63 2 887 2888 / peninsula.com
このページの先頭へ