デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

アート鑑賞三昧

2016年2月8日
Art Fair Philippines(アートフェア フィリピン)

マニラは、観光ではバンコクや香港に負けているかもしれません。でも、アジアで急成長中を遂げているクリエイティビティの発信地であることを皆様にあらためてお知らせしたいのです。まずは、爆発的な急成長を遂げつつあるコンテンポラリーアートシーン初の祝典、「Art Fair Philippines(アートフェア フィリピン)」からご紹介します。

2013年に始まったこのアートフェアは、瞬く間に、極めて優れた最新現代フィリピンビジュアルアートの展示・販売を行う、フィリピン随一の場になりました。自国アーティストに対する手厚い支援を集うこのフェアは、風変わりな都会のアート鑑賞スポットの敷居を下げた先駆けでもあります。

マカティのAyala Center(アヤラ・センター)にあるThe Link car park(ザ・リンク・カーパーク)を歩けば、コンクリートジャングルに潜む五感に訴える光景を垣間見ることができるはず。目の覚めるような3階建てのユニークな空間は、マニラや日本、香港、台湾のギャラリー40軒で構成されています。展示されているのは、エキセントリックで生気あふれる選りすぐりの絵画、彫刻、ミックスメディア作品です。8つの特別展の目玉は、ブリスベンが拠点のアルフレド&イザベル・アキリザン(Alfredo and Isabel Aquilizan)氏、マーク・ジュスティニアーニ(Mark Justiniani)氏、マーサ・アティエンザ(Martha Atienza)氏、ノナ・ガルシア(Nona Garcia)氏、写真家アット・マキュランガン(At Maculangan)氏などの才能あるアーティストです。

今年の大イベントでは、アート史、コンテンポラリープラクティス、美術市場について網羅した講座を開催するラウンジを設けています。また、オークション会社クリスティーズとのコラボレーションによる別会場講演では、アジアのアートトレンドについてディスカッションが行われます。会場を飛び出したガイドツアーでは、インスタレーションから着想を得たバレエ、国際的な写真の回顧展など、市内の美術館やギャラリーを見学します。アート心を刺激しにお出かけください。

2016年2月18-21日

5-7/F / The Link Car Park / Ayala Center / Makati / +63 2 831 0953 / 毎日 10:00-21:00 / ガイドツアー検索はこちら / artfairphilippines.com

画像© Yod Kogure & Ronald Ventura x Bench
このページの先頭へ