デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

とっておきのビーフ

2015年6月8日
La Cabrera(ラ・カブレラ)

世界でも最高のビーフステーキを食べさせると自負する国があります。 それはアルゼンチンです。中でもブエノスアイレスはビーフへのこだわりで有名で、世界最高峰のグリル料理レストランも数店あります。 しかし、地元の人々や「ラテンアメリカのベストレストラン50店」の審査員が一押しするグリル料理レストランが、La Cabrera(ラ・カブレラ)です。

シンプルな調理法とバターナイフで切れるほど柔らかなプライムビーフにこだわり抜いた、つつましやかなこのステーキハウスは、20種類ほどにカットされたジューシーなステーキを楽しめます。 リマに出した店舗が成功し人気を集めると、同店は新たな地を求めてさらに歩を進めることになりました。 そこで、アジア進出の第一歩として、グルメ天国のマニラに白羽の矢を立てたのも当然と言えるでしょう。

マカティにオープンした新店はアルゼンチンの本店と同じように、木製のベンチシート、キッチン用品がぶら下がる個性豊かなシャンデリア、そして壁一面を飾るアンティークの鏡と写真でくつろぎの空間を演出しています。 また、本店とほぼ同じそのメニューには、仔牛のシビレなどの前菜のほか、500gのサーロインから1,000gのウェットエイジングしたリブロースまで、USDAプライムグレードのグリル料理がバラエティー豊かに並び、いずれも特製の塩や自家製ソース(サルサベルデが絶品)とともに供されます。

ビーフはちょっと苦手という方のためには、ポークやチキン、さらにプロボローネチーズやパスタなどのベジタリアンメニューも多少並びます。 どのメニューを選ぶにしても、デザートはどうぞお見逃しなく。ビスケットとメレンゲを載せたドゥルセ・デ・レチェは、まさに極上の味わいです。

6750 Ayala Ave / Makati / +63 90 5290 0703 / 日曜日-木曜日 11:00-22:30、金曜日-土曜日 11:00-23:30
このページの先頭へ