デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

ため息の出るようなドレス

2015年8月17日
Jun Escario(ジュン・エスカリオ)

フィリピンのファッション界でよく目にするJ.E.のイニシャルをご存知ですか? 昨年後半、マニラのファッショニスタのお気に入り、軽くて超フェミニンなファッションの達人ジョエル・エスコバール(Joel Escober)氏についてご紹介しましたが、そのタイムレスなデザインでマニラのファッションファンに同じように愛され、ジョエル・エスコバール氏と全く同じイニシャルをもつ別のデザイナーがいます。

それが、Jun Escario(ジュン・エスカリオ)です。 20年以上にわたり、マニラファッション界の帝王はエレガントな装飾がほどこされた既製服とカスタムメイドのガウンをデザインしてきました。その中でも最高の品々がマカティのグリーンベルト5にあるガラス張りのショップで手に入ります。

中に入ると、洗練された空間が広がり、レッドカーペットや舞台、教会からブラックタイ着用のガラまであらゆる場にぴったりのシックな衣装の数々が並びます。 現在、プレタプルテコレクションにはパステル色のカクテルドレス(高級レストランでのディナーやダンスフロアに最適)から宝石のような鮮やかな色のウエストをきゅっと絞ったフルスカート、流行を採りいれたジャンプスーツやドレープの美しいマキシワンピースなどが揃います。

けれども、最も魅力的な品といえば間違いなくウェディングコレクションでしょう。どのドレスにもジュンの才能が惜しみなく発揮されており、体のラインを美しく強調するギャザーやプリーツ、ドラマチックな手刺繍のディテール、モダンにアレンジされたクラシックなシルエットなどが巧みに取り入れられています。 さあドレスアップといきましょう!

2/F / Greenbelt 5 / Greenbelt Park Walkways / Makati / +63 2 729 9070 / 毎日10:00-21:00 / junescario.com
このページの先頭へ