ペン・シティに戻る

コンテンポラリーアートがお好きなら

2014年1月9日
マニラ首都圏のおすすめギャラリー

数多のアーティストの才能が花開きアートビジネスが急速に成長と発展を遂げているフィリピンでは、ギャラリーも雨後の筍のように増えています。その中には、草分け的な老舗からあくびが出そうな退屈なものまで数多くあり、その良し悪しを見分けるだけでも大変です。今回はLUXEシティガイドがマニラ首都圏のギャラリーを吟味し、おすすめをご紹介します。

1975年に開業した「ギャレリア・ドゥエミラ/Galleria Duemila」はフィリピンで最古の商業ギャラリーで、取扱いアーティスト、作品に対する知識や企画展への評価も一流です。これまでにベネディクト・カブレラ(Benedicto Cabrera)、パシータ・アバド(Pacita Abad)、ベッツィー・ヴェステンドルプ(Betsy Westendorp)など錚々たるアーティストが登場しており、直近ではダッドリー・ディアス(Duddley Diaz)が、アラバスターとトネリコ材から神話の登場人物を彫り上げた詩的な作品の展示を行いました。また、コレクターの中で評価が高いのが「ヒラヤ/Hiraya」です。1980年にオープンした小さいギャラリーですが、ノルベルト・カラティング(Norberto Carating)の抽象画、フリオ・ホセ・アウストリア(Julio Jose Austria)の超現実主義作品、ランダルフ・ディラ(Randalf Dilla)の写真のようにリアリティのある絵画などを紹介してきました。最後にご紹介する「ブラングループ/Blanc Group」は「ブラン・ギャラリー/Blanc Gallery」、「ブラン・コンパウンド/Blanc Compound」、「ブラン・ペニンシュラ/Blanc Peninsula」の3か所で展開しています。ザ・ペニンシュラマニラのショッピングアーケードに2010年にオープンした「ブラン・ペニンシュラ」は、イサ・ロレンソ(Isa Lorenzo)、レイチェル・リロ(Rachel Rillo)、ユージーン・ジャーク(Eugene Jarc)など有名および新進アーティストの作品を取り扱っています。お財布の準備をしてお出かけ下さい。


ギャレリア・ドゥエミラ(Galleria Duemila) / 210 Loring St / Pasay City / +632 831 9990 / galleriaduemila.com
ヒラヤ(Hiraya) / 530 United Nations Ave / Ermita / Mon-Sat 9am-5pm / hiraya.com
ブラン・ペニンシュラ(Blanc Peninsula) / G/F Shops 9-10 / Peninsula Manila / 1226 Makati City / +63 920 927 6436 / blanc.ph
ブラン・ギャラリー(Blanc Gallery) / 145 Kapitunan Ave / St Ignatius Village / Quezon City / +63 2 442 5262 / blanc.ph
ブラン・コンパウンド(Blanc Compound) / 359 Shaw Blvd / Mandaluyong City / +63 2 752 0032 / blanc.ph
このページの先頭へ