ペン・シティに戻る

甘いフレンチファッション

2014年6月10日

Carven(カルヴェン)

信じがたいほど小柄なカルメン・デ・トマソ(Carmen de Tommaso)氏が初めて画用紙に筆を走らせたのは1945年のこと。小柄なマドモワゼルにふさわしいエレガントなファッションをデザインするためでした。以来、「カルヴェン(Carven)」は、これぞフレンチファッションというスタイルを守り続けているものの、現代女性の望みやニーズに後れをとるまいと奮闘してきたという点は、従来の多くのブランドと同じです。 2006年、ギョーム・アンリ(Guillaume Henry)が、このアイコニックなファッションハウスのクリエイティブディレクターに就任。ブランドに新たな息吹をもたらし、アレクサ・チャン(Alexa Chung)、エマ・ストーン(Emma Stone)といった若い世代のスタイルセッターを虜にしました。そして、世界中に新店舗が続々とオープンしています。

そして今後は、フレンチネイルで指先を彩ったフィリピンの「カルヴェン」ファンは、洗練された既製服の数々を手に入れるために、パリまでわざわざ行く必要はありません。マニラ初の独立1号店となる「カルヴェン」ブランド最新ブティックが、シャングリ・ラ・プラザにオープンしたからです。 純白の壁と木の床でしつらえた店舗は、小柄な女性向けのファッションを取り揃え、取り外しできる襟や後ろにボウの付いたカラフルなヒールサンダルといったシグネチャーアイテムに囲まれて、キュートな雰囲気を演出しています。 夏に向けて充実しているのは、刺繍がほどこされた花柄のワンピースや、ストライプ柄のコットンカーディガン、品の良いフランス製のバレエシューズ。さらに、パンプスからミニバックパックまで、あらゆるアイテムが、色とりどりの迷彩柄や可愛らしいパステルギンガムプリントで揃っています。 流行の最先端を行く殿方は、コントラストの効いたカラーシャツ、スタイリッシュなスニーカーや柄物ポロシャツをお見逃しなく。 シックに決めて!
 
1/F / East Wing / Shangri-La Plaza / 336-338 Shaw Blvd / Mandaluyong / carven.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

このページの先頭へ