デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
ペン・シティに戻る

旅先の我が家

2015年6月29日
Bistro Pamana(ビストロ・パマナ)

マニラの姉妹都市、タガイタイをよく知るグルメの方に、おすすめしたいことがあります。いえ、むしろ、ぜひとものお願いです。フィリピン諸島で指折りの家庭料理を楽しめるレストランPamana(パマナ)に、ぜひお出かけください。 ただ、南へ1時間30分かかるこの旅が難しくても、やきもきしないでください。代わりに、マカティにタイミングよくオープンしたばかりの新しい店Bistro Pamana(ビストロ・パマナ)に直行しましょう。レガスピビレッジにある、お腹を空かせた地元っ子たちが大挙して訪れる趣ある空間です。

マニラ支店は少し雰囲気が違いますが、確かなパマナの味を踏襲しています。何世代も受け継がれている、家族伝来のレシピで作る料理は、非の打ち所がありません。使っているのは、地産の食材とスパイスです。 厳密に言えば、フィリピンの伝統料理の最たるものというわけではありませんが、味は抜群です。人気料理は、チキンとブコジュース(ヤングココナッツの果汁)のスープを、ジュースをとったあとのココナッツを器にして供するビナコール(Binakol)や、看板料理の熟したパイナップルでマリネした鮭ハラス、ダイコン、オクラの入ったタマリンドスープなど。

店内の装飾も、大家族に伝わる歴史そのものです。 ディープパープルで統一した壁に、額に入った家族の写真や、金色で縁取られた鏡が並んでいます。そこに家庭的な雰囲気が加わり、郷愁ただようレシピ、ビンテージもののアイテム(アンティークのミシンや、レシピを打つための手持ち式タイプライターなど)の存在感を高めています。 温暖な気候の中、庭のパティオに席を取りましょう。ゆったりとコース料理に舌鼓をうつ時間がないなら、アフタヌーンティーもおすすめです。食事に引けをとらぬ、すてきなひと時をお過ごしいただけることでしょう。 さあ、召し上がれ。

Greenbelt Mansion / 106 Perea St / Legaspi Village / Makati / +63 2 815 1823 / 月-金 10:00-22:00、土 10:00-21:00 / pamanarestaurant.com

このページの先頭へ